2歳ごろになったらチャレンジ!夏のトイレトレーニング3つのメリット

2018/05/18 09:00
30
日本コミュニケーション育児協会の珠里さんが夏のトイレトレーニングのメリットについてお伝えします。夏にトイレトレーニングを行う最大のメリットは“洗濯物の乾きが早い”ということ。さらに冬よりもおしっこの間隔があくこともメリットなのだそうです。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
トイレトレーニング

洗濯物

 

こんにちは、日本コミュニケーション育児協会の珠里です。夏が近付き、「そろそろトイレトレーニングをスタートさせよう」と考えているママも多いことと思います。

 

今回は、トイレトレーニングをスタートさせる前に知っておいてほしい、“夏のトイレトレーニングの3のメリット”についてお伝えいたします。

 

夏のトイレトレーニングはメリットがいっぱい♪

「夏だ!トイレトレーニングだ!」とやる気満々になっていても、実は「トイレトレーニングって大変そう。めんどくさそう」とストレスを感じいるママは少なくないですよね?だからこそ、“夏にトイレトレーニングをおこなうメリット”を知って、ストレスフリーなトイレトレーニングを楽しんでくださいね。

 

夏にトイレトレーニングをおこなう最大のメリット

夏にトイレトレーニングをおこなう最大のメリットは、“洗濯物の乾きが早い”ということ。洗濯物が乾くということは、たとえ何度もおもらしをされたとしても「洗濯すればすぐに乾く♪」と、ママに気持ちの余裕を与え、ストレスの軽減に繋がります。

 

結果、子どものトイレトレーニングもスムーズに進むこともあります。さらに冬よりもおしっこの間隔があくということもメリットです。


チャレンジしたいパンツ一丁

そして、ぜひチャレンジしてほしいのがトイトレ中のパンツ一丁スタイル。パンツ1枚で過ごさせることで風邪を引いてしまわないか、おなかが冷えてしまわないかという心配も、夏なら軽減されますよね。

 

パンツ1枚で過ごすことは、“おしっこの意識付け”に最適ですので、ぜひチャレンジしてみてください。そして、尿意を感じたらトイレにGOです。

 

夏はトイレトレーニング仲間がたくさん

夏ということもあり、周りにはトイレトレーニング仲間がたくさんいらっしゃるので、情報交換をしながら、励ましあったり、刺激しあったりしながら、トイレトレーニングがおこなえるというメリットも♪ それぞれのメリットを生かし、ぜひ楽しみながら夏のトイレトレーニングにチャレンジしてくださいね。

 


日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。


  • 朝食が済んだ後おまるにかける練習させていたら、大のほうは、1歳で。小のほうは、一歳半ぐらいで、とれました。心に余裕をもって、遊び感覚で、夏の洗濯モノの乾きの早い時、必ず取れるので、焦らず、個人差は、あるのでくらべないで、子育て楽しんでください。

    2018/05/02 08:48
  • 「個人差あります」「比べない」「焦らず」「余裕もって」といろいろ励ましのアドバイスや記事がありますが、同時に、○歳までに、とも書かれている。その年齢が近づき、そして過ぎていき、、、未だにオムツ取れない。目標も、「幼稚園までには~」から「小学校までには~」に移行中。余裕もって、楽しんで、夏にして、焦らないで、、、の結果、我が家はまだオムツです!

    2018/05/29 09:08

この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
30

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。