医療 助産師REIKO 妊活 妊娠 病気・ケガ 高齢出産

もしかして男性側の問題!?男性不妊の原因と治療の流れ

男性不妊のイメージ

 

こんにちは!助産師のREIKOです。女性の社会進出や経済的な問題、それぞれの価値観の変化など、さまざまな要因により晩婚化が進んでいます。それに伴い、出産年齢も上昇し、不妊治療をおこなうカップルも増えてきています。不妊の原因はさまざまです。今回は、「男性不妊」についてお話ししたいと思います。

 

続きを読む

「男性不妊」とは?

世界保健機構(WHO)が不妊の定義を変更したことに伴い、日本産婦人科学会でも、「不妊症は妊娠を希望しているカップルが1年以上性生活を送っていても妊娠しない状態。生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間、避妊することなく通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合を不妊という。その一定期間については1年というのが一般的である」と、不妊症の定義が変更されています。

 

その際、男性側に不妊の原因がある場合を、「男性不妊」といいます。

 

男性不妊の原因は?

精巣で精子がつくられ、つくられた精子が放出されるまでの過程のどこかが障害されることによって、男性不妊となります。

 

主な原因は、精子をつくる機能に障害がある、精子の通り道に障害がある、性機能(性行為、射精など)に障害がある、精巣や前立腺などの炎症による影響などがあげられます。そして、男性不妊の80~90%は、精子をつくる機能に障害があるケースだといわれています。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。