赤ちゃんが突然嘔吐!急性胃腸炎にかかった娘の症状と経過

2017/06/22 17:00
6
娘が8カ月のころ、食後に嘔吐しました。それでも元気でしたが、翌日また嘔吐。小児科へ行くと「急性胃腸炎」との診断。薬は処方されず「水分をしっかりとらせること」「胃にやさしい食事にすること」に気をつけるよう先生から言われました。食事をすると嘔吐や下痢を繰り返し食欲が落ちましたが、5日後には、すっかり治りました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
胃腸炎
病院

 

 

はじめて赤ちゃんが嘔吐や下痢をしたら、とても心配になりますよね。私の娘も、8カ月のときに急性胃腸炎を患いました。何度か嘔吐と下痢を繰り返し、食欲は落ちたものの元気で、5日ほどで完治。今回は、そのときの様子や気を付けたことをお伝えしたいと思います。

 

梅雨のある日、赤ちゃんが突然嘔吐

離乳食がだいぶ進んだ生後8カ月のころ、娘が食事を終えたばかりのときに、突然嘔吐してしまいました。それまでも口に入れたものを吐き出すことはあったのですが、そのときはいつもと違った様子でした。

 

ちょっと胃の調子が悪いのかなと思いましたが、娘はその後、いつも通り元気に遊んでいたため、少し様子を見ることにしました。

 

翌日、再び嘔吐したため受診

翌日、朝食を終えたあとに、再び娘が嘔吐しました。とくにつらい様子もなかったのですが、体を触ってみるとおなかの辺りが熱く感じました。少し腹痛もあるようです。そこで、小児科を受診したところ、診断の結果は「急性胃腸炎」でした。

 

娘は幸い元気だったため、とくに薬は処方されず、「水分をしっかりとらせること」「胃にやさしい食事にすること」に気を付けるよう、先生から指導がありました。


数日で症状が治まる

娘は、最初のうちは食欲もあったのですが、食べると嘔吐するを繰り返して食欲が落ち、下痢も1日数回するようになりました。腹痛があるのか、おなかを触って知らせることがありましたが、相変わらず元気いっぱいで熱はありません。

 

水分はこまめにあげ、卵がゆ、すりおろしりんごなど、食べやすい食事にして様子をみました。すると3日ほどでだんだん嘔吐や下痢が減っていき、5日目に受診すると完治していました。

 

 

下痢が続いたため、おしりはその都度シャワーで流していました。おかげでおしりがかぶれたりせずに済みましたよ。はじめて赤ちゃんが嘔吐や下痢をすると、あせってしまいがち。できるだけ落ち着いて対処してあげたいですね。(TEXT:ママライター石原みどり)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。