アウトドアを楽しむ前に知っておきたい!日焼け対策の基本3つ

2017/06/25 13:00
4
日差しが最も強い時間帯は「午前10時~午後2時ごろまで」。晴天で日差しが強い日は要注意です。UV防止加工がされている帽子やTシャツを利用するのも効果的です。プールや海へ行く場合は特に念入りな日焼け対策が必要。水に入ると日焼け止めの効果が薄れてくるので、ラッシュガードを着用するなど、肌の露出を減らしましょう。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
安全対策

 

山に海、川!夏はアウトドアを思う存分楽しめる季節でもあります。そこで気を付けたいのが子どもの「日焼け」です。紫外線による皮膚ダメージは、大人が思っている以上に大きいと思います。今回はこれだけは知っておきたい、日焼け対策の基本3つをご紹介します。

 

日差しが最も強い時間帯を知る

ご存知の方も多いですが、日差しが最も強い時間帯は「午前10時~午後2時ごろまで」です。晴天で日差しが強い日は要注意ですね。

 

特に低月齢の赤ちゃんほど紫外線によるダメージが大きいので、できるだけ日差しの強い時間帯の外出は避けたいところ。我が家では、やむを得ず外出する場合は、日焼け止めを少し残る程度に二度塗りしていました。

 

UV防止加工の衣類を身に付ける

夏用の帽子やTシャツなど、最近ではUV防止加工がされている商品を見つけます。肌に紫外線が届きにくい加工がされているようです。なかには紫外線を90%以上カットする商品も販売されているので、上手に利用したいですね。

 

ベビーカーで移動をする場合に、UVカット素材のタオルケットで覆うのもおすすめ。またポリエステル素材も紫外線対策に有効で、特殊な加工がされていなくても90%は紫外線をカットできるそうです。


プールや海では特に念入りな対策を

プールや海へ行く場合は、特に念入りな日焼け対策が必要です。過去にわが子を抱っこしたままプールへ入ったことがあるのですが、日焼け止めを塗っていても背中が日焼けしてしまいました。

 

ひどくはならなかったですが、少し赤くなっていた記憶があります。どうしても水に入ると日焼け止めの効果が薄れてくることを痛感。そこでプールや海へ行くときは、ラッシュガードを着用するようにしています。肌の露出を減らすことも大切です。

 

 

いつもの外遊びに加えて、アウトドアを楽しむ機会が増える夏。きちんと日焼け対策を行っておけばよかった……と後悔をする方もたくさんいると思います。親子でしっかり日焼け予防をして、夏を思う存分満喫しましょう!(TEXT:ママライター田中由惟)

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。