記事サムネイル画像

「甘えてたらあかん!」つわりで吐き続ける日々に限界…母に助けを求めたら、まさかの言葉で頭が真っ白

妊娠中のつわりについて、ドラマで見たことがある「ご飯の炊けるにおいに“うっ”となる」くらいのものだと思っていた私。しかし実際のつわりは、想像以上にとても苦しい期間でした。つわりが落ち着くまでの2カ月半、毎日嘔吐し続けて体重も49kgから41kgまで減少。そんな中、助けを求めた実母にかけられた言葉で、さらに苦しい思いをすることに……。

「甘えてたらあかん!」つわりで吐き続ける日々に限界…母に助けを求めたら、まさかの言葉で頭が真っ白
 

「甘えてたらあかん!」つわりで吐き続ける日々に限界…母に助けを求めたら、まさかの言葉で頭が真っ白

 

両親にうれしい報告

不妊治療を始めて4カ月が経ったころ、孫ができるのを心待ちにしていた両親にやっとうれしい報告ができました。

 

両親はとても喜んでくれ、「体を第一に考えて無理をしないようにね」と私の体のこともすごく心配してくれていました。

 

想像を超えるつらさ…

妊娠がわかると同時につわりが始まり、途切れることのない吐き気に苦しみ、嘔吐する日々が続きました。食べ物は食べた瞬間すべて吐き出してしまい、水を飲むのも難しい状態でしたが、健診で相談すると「必要なら点滴しましょうね」と言われるのみ。

 

そんな生活が1カ月続き、痩せていく私を見て心配した夫が「1週間くらい(私の)実家で休ませてもらおうよ」と提案してくれ、母に電話でお願いすることにしました。

 

 

母から思いもよらない言葉

ところが、母からは「しんどいって言っても、つわりは病気じゃないでしょ。甘えてたらあかん! これから母親になるんやからしっかりしなさい」との返答が。まさか活を入れられ、断られるとは思っていなかったので、私は頭が真っ白になり、泣きながら電話を切りました。

 

電話から2週間後の健診で、食事や水分がとれていないために24時間点滴が必要と診断され、そのまま緊急入院に。夫が仕事中だったため、こわごわと母に電話し、入院すること、入院するための荷物を届けてほしいことを伝えました。

 

すると母は「そんなにしんどかったんやね」と、やっとつわりのしんどさを理解してくれたのです。それ以降は私に寄り添ってくれたので、安心して弱音を吐けるようになったのを覚えています。

 

 

一番理解してくれると思っていた母から、否定的な言葉をかけられたのは本当につらかったです。出産後、母にそのことを伝えると、謝罪とともに母自身まったくつわりがなかったため、しんどさが理解できなかったことや、ちょうど私が電話をしたときに父も体調を崩し、通院の送迎などで忙しく余裕がなかったことを話してくれました。この一件で、お互いに余裕がないと相手のことを思いやるのは難しいと、改めて気づかされました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師 松田玲子


著者:下川 美悠

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターうちここ

    年子男児を育てる2児の母。家族で過ごす日常や思い出をInstagram(@uchikoko20)やブログ「うちここ日記」で描いてます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    5 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →