記事サムネイル画像

「気が利かなくてごめ~ん、でも…」手土産なしで遊びに来たママ友の言い分に絶句…! #ママ友の子を預かったら 3

「ママ友の子を預かったら」第3話。共通のママ友を通じて、シングルマザーのSさんと知り合ったマユさん。明るくノリの良いSさんと意気投合し、Sさんの息子であるS太くんをたびたび預かるようになりました。しかし、Sさんの要求はだんだんとエスカレートし、マユさん一家はS太くんを動物園に連れて行くことに……。

Sさんの息子のS太くんを連れて、動物園へ行くことになったマユさん一家。Sさんがお昼代としてS太くんに持たせたのは、500円玉1枚でした。マユさんと夫に相談し、仕方なく、飲み物やアイス、そしてぬいぐるみまでS太くんに買い与えます。

 

「お昼代とか足りた?」と聞くSさんに、「飲み物とか買ったけど、いつもお菓子もらってるし今回は良いよ」と返したマユさん。すると、「そうだよね!うちのお菓子高いもんね~。それに比べたら安いほうか」と言われ、マユさんは言葉を失います。

 

そして後日、ママ友Yちゃんのお宅でランチ会をしたときのこと。手土産を持参しなかったSさんは――!?

 

手土産はないけど…

ママ友の子を預かったら 3

 

ママ友の子を預かったら 3

 

ママ友の子を預かったら 3

 

 

 

ママ友の子を預かったら 3

 

ママ友の子を預かったら 3

 

ママ友の子を預かったら 3

 

 

 

ママ友の子を預かったら 3

 

ママ友の子を預かったら 3

 

ママ友の子を預かったら 3

 

 

 

ママ友の子を預かったら 3

 

ママ友の子を預かったら 3

 

ママ友の子を預かったら 3

 

 

 

ママ友の子を預かったら 3

 

ママ友の子を預かったら 3

 

「いつもお菓子をもらってるから、動物園での飲み物やアイス代はいいよ」と言ったマユさん。すると、Sさんは「うちのお菓子高いもんね~」「それに比べたら安いほうか」と言いました。

 

高級なお菓子といえど、Sさんが持ってくるのはタダ同然の廃棄品。息子のS太くんが良い子なだけに、マユさんはSさんの図々しさが気になってしまいます。

 

後日、共通のママ友Yさんの家でランチをすることになったマユさん。その場にはSさんもいましたが、まったく手伝おうともせず、座ってSNSを更新し続けていました。

 

マユさんが手土産のお菓子をYさんに差し出すと、Sさんは思い出したように「私何も持ってきてないや…全然気が利かなくてごめん」と言います。しかし、その後に「マユちゃんとYちゃんには高級なお菓子いつもあげてるもんね!」と続けたのです。

 

思わず顔色を失うマユさんとYさん。廃棄されるお菓子を武器にしているSさんに、2人とも嫌気がさしていたのです。

 

 

いくら子どもが良い子でも、親同士の価値観が合わないとお付き合いを考えてしまいますよね。アキトくんとS太くんの関係にヒビが入りませんように。

>>次の話

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターモグ

    2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間のモラハラ結婚生活体験談を鳥頭ゆばさんによりマンガ化。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    5 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      お菓子が廃棄云々より態度がもうダメ( ; ; )
    • 通報
      手土産絶対持ってきてというつもりはありませんが、この態度は受け入れられないかも!

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →