記事サムネイル画像

「オレの彼女なら…!」勘違い発言を連発するヤバい彼。さすがに限界を感じ…! #元彼が生き霊になっちゃった! 2

『元彼が生き霊になっちゃった!』第2話。社会人となり、恋愛から離れた生活を送るサクさん。仕事も多忙でなかなか男性と知り合う機会もなく「この先、一生独身かもしれない」とぼんやりと思っていました。そんなとき、友だちの紹介で出会った彼と交際へと発展します。


付き合ってすぐ、2回目のデートで彼から「指輪買いに行こっか!」と誘われたり「女ってそういうの好きでしょ?」と偏見をもった発言に違和感を覚えます。そしてクセの強い彼との交際にサクさんは「合わないかも」と思い始めるのでした。

スッキリしない気持ちのまま交際を続けるサクさん。デートを重ねる度にどんどんと違和感は大きくなっていき……。

 

友よ……すまん……

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

元彼が生き霊になっちゃった 2

 

 

もうすぐ誕生日のサクさんに欲しいものがあるか聞く彼。ボーナスが入ったら財布を買う予定だったと答えるます。すると高級ブランドの名前を出し「オレの彼女ならブランド持たなきゃ!」と謎の持論を展開し始めるのでした。そこまで言うからには勝ってくれるのかと思いきや、まさかの上限一万円までなら出すという。もはや驚きを超えて面白くなってしまったサクさん。

 

このまま交際を続けるのはちょっと……。と思うも、彼を紹介してくれた親友の顔が浮かび別れを踏み切れずにいました。

 

そしてまたも衝撃発言が。子どもと接する職業のサクさんに対し「子どもできても安心だな!」やら、社会人なりたてのサクさんに「働き始めたばかりで世間知らずか?」とパンチのある言葉を浴びせるのです。この酷すぎる発言から別れたいと思うのでした。

 

 

ついに別れたいと思うようになったサクさん。「オレの彼女ならブランド持たなきゃ!」と、サクさんのことを所有物として扱っているのでは?とも取れる発言は不快に思っても無理はありませんよね。親しき中にも礼儀あり。彼の発言でサクさんが傷ついていることに気づいて欲しいですね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター花実咲

    「いいも悪いも人生経験。」 どんなことも学びと笑いに変えちゃおう!二児の母が、そんな気持ちで漫画を描きます! ※自分や友人、フォロワー様の体験談をヒントにした創作漫画です。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      まさに漫画でしかみないような男、、ほんとにいるんか、、🥺
    • 通報
      女に対する知識が低過ぎないか?(笑)
    • 通報
      なんか。。色々問題ありの人ですね笑

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶