記事サムネイル画像

「子どもがかわいそう!」妊娠報告した友人からの言葉に絶句…! #妊娠した友人の末路 1

「妊娠した友達と縁を切った話」第1話。ゆきさんは、2年間交際していたしょうたさんと結婚し、半年後に妊娠していることがわかりました。

 

待望の妊娠! なのに友人からかけられた言葉とは…?

つわりが治まったころ、私は仲良しの友人たちに妊娠の報告をしました。

 

妊娠した友達と縁を切った話1-1

 

妊娠した友達と縁を切った話1-2

 

妊娠した友達と縁を切った話1-3

 

 

 

妊娠した友達と縁を切った話1-4

 

妊娠した友達と縁を切った話1-5

 

妊娠した友達と縁を切った話1-6

 

 

 

妊娠した友達と縁を切った話1-7

 

妊娠した友達と縁を切った話1-8

 

妊娠した友達と縁を切った話1-9

 

ゆきさんは妊娠したことを、仲良しの友人のりかとまゆみに報告。

りかもまゆみも、お祝いの言葉をゆきさんにかけてくれました。

 

そして、まゆみから出生前の診断はしないのかと聞かれたゆきさん。今のところ予定はないと答えますが……。

 

「障害があったらどうするの? 子どもがかわいそう」とまゆみは衝撃のひと言。まゆみは障害があるとわかっていながら、子どもを産むことは自分勝手だと告げました。

 

 

りかさんも、まゆみさんもゆきさんの妊娠を喜んでくれ、体を気づかってくれました。ところが、いきなりおなかの赤ちゃんの出生前診断について話を始めたまゆみさん……。

出生前診断は、おなかの赤ちゃんの染色体異常や先天的な病気を調べる検査のことで、出生前診断により病気がわかることで治療につながることもあるそうですが、妊娠の継続に悩むということもあるそう。非常に重い決断に関わる検査のため、結果が出た際の方針については、しっかり話し合っておく必要があります。そんなデリケートな話題だけに、ゆきさんも返事に困っていましたね。

 

また、まゆみさんは間違った認識をしているように思えます。障害があることでの人工妊娠中絶はできません。人工妊娠中絶は、母体保護法により定められた適応条件を満たしている場合に限り施行されます。(①妊娠の継続又は分娩が身体的又は経済的理由により母体の健康を著しく害するおそれのあるもの、② 暴行若しくは脅迫によつて又は抵抗若しくは拒絶することができない間に姦淫されて妊娠したもの)。

 

出生前診断は、生まれてくる赤ちゃんの状態を知って迎え入れる準備のためのもの。受けるも受けないもそれぞれの家庭が話し合って、理解し合ったうえで決めることが大切です。生まれてきてくれる赤ちゃんは全員が尊い存在。友人ならまずはゆきさんを不安にさせるような話はせず、ゆきさんの選択を尊重し見守ってほしいと思ってしまいますね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターたに

    一児の女の子ママ。実録漫画を制作している。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    26 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      まだ本当に初期の初期なのに深めにつっこんでくるね💦
    • 通報
      なんか強めの友達だね
    • 通報
      そんなこと放っておいてほしい。。自分たち夫婦で決めるだろうに。

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →