記事サムネイル画像

妻「体外受精…やりたいの」→医療費ばかりを気にする夫の返答は #夫が気になるのはお金だけ? 11

「夫が気になるのはお金だけ?」第11話。5年間の不妊治療体験を持つ梅原こうめさんが、ブログのフォロワーさんの妊活・妊娠体験談を描いたマンガ。

妊娠検査薬が陽性になっても、毎回、その後に生理が来て妊娠に至らないアマさん。不妊治療専門病院を受診し人工授精へ進んだものの、これもうまくいかず落ち込みました。医療費を気にする夫に「不妊治療、気が進まなかった?」と尋ねると、「そうだね。アマがやりたいなら仕方ないと思っていた」と答えた夫。アマさんはショックを受けつつも、治療を続けさせて欲しいと伝えました。夫は……。

この記事の監修者
監修者プロファイル

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
18 クリップ

アマさんが不妊治療は続けさせて欲しいと頼むと、「わかった」と言って受け入れた夫。子どもが欲しいかを尋ねると「欲しいに決まってるじゃん!」と笑顔に。アマさんはホッとし、妊娠に至らないことの焦りと不安で、夫への気配りがおろそかになっていたのかもしれないと反省したのでした。

 

その後、アマさんは仕事を探すことに……。

 

人工授精に2回チャレンジしたものの…

夫が気になるのはお金だけ?11

 

 

夫が気になるのはお金だけ?11

 

取り急ぎ、仕事を探すことにしました。

不妊治療は順調とは言えなかったけれど、極力気にしないようにしていました。

 

そして、とうとう医師から体外受精をすすめられたのです。

人工授精に2回チャレンジしたものの、うまくいかなかったからです。

 

病院からの帰り道、電話でそのことを夫・ハルトに伝えました。

「私、やれるところまでやりたい。体外受精をやりたいの」と伝えると、「体外受精なんて一体いくらかかるの!? ダメ!」と一瞬で却下されてしまったのです。

 

-----------------------

体外受精は卵子を体外に取り出し、精子と接触させ、分割した卵を子宮内に戻す不妊治療です。費用は保険適用外で、1回につき20〜60万円程度かかるといわれています。費用が高額なだけに、妊娠を最優先に考えるか、生活のことを考えるか、考え方によっては夫婦で意見が分かれることもあるでしょう。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター海原 こうめ

    ブロガー&マンガ家。2023年11月17日に新刊『まんがでわかる腸の整え方』(1320円/イースト・プレス)を発売。不妊治療の経験を基に、読者の妊活体験談やエッセイマンガをブログやSNSで更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      清々しいほどダメな夫だ。この人とやっていくのはそうとう大変だね
    • 通報
      お金お金じゃなくて、もっと奥さんの気持ちに寄り添ってほしい

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶