味覚だけじゃない!視覚などの五感を活用した離乳食

2017/07/09 19:00
五感を使った食育のポイントについてお伝えします。五感とは、視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚のことを言います。食事といえば味覚が大事だと思われがちですが、実は視覚がかなり重要だと言われています。赤ちゃんが食事中に目に見える食器やママの顔などを楽しい雰囲気にすることで、離乳食タイムがもっと楽しくなります。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
離乳食
コツ・ヒント
食育

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。「五感」という言葉を聞いたことがありますか? 五感とは、味覚、視覚、聴覚、触覚、嗅覚のこと。私たちは食事をする時に五感で感じながら食べています。今日は、食事と五感のかかわり方、大切さのお話をします。

 

食事のときに感じる五感とは?

五感は、食事のときにどんな関わりを持っているのでしょうか?

 

【味覚】 

舌などで、感じる感覚です。うま味、甘み、塩味、酸味、苦味などの味を感じながら食事をしています

 

【視覚】

食べ物や食器、周りの環境を見ながら私たちは食事をしています

 

【聴覚】

食べ物の音、周りの人の話し声などを聞きながら食事をしています

 

【触覚】

手で触る、感触を味わいながら食事をしています ・嗅覚 食べ物の香りを感じながら食事をしています

 

【嗅覚】

食べ物の香りを感じながら食事をしています

 

 

食をいちばん感じる五感って?

このような五感ですが、五感の中で食をいちばん感じる感覚は何だと思いますか?

 

これまで離乳食講座でこのお話をすると多くの方が【味覚】と答えます。私も食のことを勉強するまではそう思っていました。でも実は【視覚】で、約8割を占めているそうです。少しびっくりするかも知れませんが、自分のことに置き換えてみましょう。

 

想像してみてください。 「親友と、おしゃれなカフェでおいしいと評判のケーキセットをいただく」。 とっても楽しくておいしい時間ですよね。では、同じケーキセットを 「体育館のど真ん中で、一人ポツンと食べる」のはどうでしょう。 同じケーキセットでも、おそらくおいしく感じないのではないでしょうか?

 

このように、食の場面で視覚は大切な役割を持っています。

 

 


ママができる五感を育む食事のポイント

視覚が大切というお話をしてきましたが、離乳食の時間にママができることは何でしょう。赤ちゃんの視点になって考えてみます。

 

赤ちゃんが離乳食を食べるときに見えるものは何でしょう?

 

・目の前の離乳食や食器

・離乳食を与える大人

・周りの家族

・目の前の部屋の様子

 

などだと思います。赤ちゃんが食べてくれないときに、ママは困った顔をするかもしれません。私の場合は怒った顔をしていました。その表情をなるべく笑顔にしてみましょう。「そうか、今日は食べたくない気分なのね」「少し時間を置いてから食べようか」「次のごはんのときに食べようね」と気持ちを切り替えてみると笑顔になれますよ。また、離乳食に集中できる環境をつくることも大切ですね。

 

 

もちろん視覚以外の五感も大切です。食べ物に触れることをどんどん経験させてあげてください。「おいしいね」「楽しいね」というママの声。食べ物を手づかみしたときの感覚。離乳食を作っているときの香り。さまざまな食材の味など食を五感で感じながら、食を楽しむ子どもに育てていきたいですね。

 


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

 

 


  • 1
  • 0
  • 3
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。