赤ちゃんのときから知っておきたい!噛むことは歯並びにも関係します

2017/07/17 19:00
子どもの歯並びについてお伝えします。最近、やわらかい食事ばかりをしているせいで子どもたちのあごが発達せず、大人の歯が生えるときに矯正が必要になる子が増えているそうです。歯並びは体の不調や虫歯にも関係してきます。赤ちゃん時代から知っておきたい噛む大切さについてまとめました。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
離乳食
コツ・ヒント

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。子どものころ、親に「よく噛んで食べなさい」と言われた経験のある方も多いのではないでしょうか。噛むことって体にどう関係していくのでしょうか?

 

今回から3回にわたって「赤ちゃんと噛むこと」について、わが家の長男の失敗談を交えながらお話ししていきますね。

 

噛まなかったので顎が発達しなかった!?

誰でも何となく「噛むとあごが発達する」と聞いたことがあるのではないでしょうか。長男が乳歯から永久歯に生え変わるときに実感しました。長男の下の前歯の3本目と4本目が抜けたときに、抜けた乳歯の幅よりもはるかに大きい永久歯が頭を出しました。

 

歯のことを何も知らない私でも「これはおかしい」と思う生え方でした。あわてて私は長男を歯医者さんに連れて行きました。そのとき、医師に言われたひと言は「お母さん、噛ませなかったでしょう」という言葉でした。

 

そうなんです!食べない、飲み込みが下手な長男に、私はやわらかい食事ばかりを与えてきたのです。とてもショックでしたが、その後、長男はあごを広げるための手軽にできるトレーニングを日常に取り入れながら、中学生になった今では、だいぶ歯と歯の重なりが少なくなってきました。

 

歯並びが悪くて起こる弊害

歯並びが悪いとこんなことが起こりやすくなります。

 

・虫歯や歯周病になりやすくなる

・正しい発音ができず話しづらくなる

・見た目が気になる

・体がゆがむ

・太りやすくなる、など

 

自分自身にも当てはまる人もいるのではないでしょうか?

 


離乳食期に親ができること

離乳食期に噛む練習が始まるのは後期ごろからです。このときに「ゆっくり噛んで食べようね」と噛むことを意識するといいですね。丸呑みしてしまう時期でもありますが、気長に進めてみてください。

 

もし、歯並びが気になったら?

もし歯並びが気になったら、納得のいく医師に出会うことが大切です。私も納得いく医師に出会うまで、何度も歯医者さんを変えました。家族とお子さんの求めている結果は何かのか?治療なのかそれともそうではないのか?ということも重要ですね。

 

 

もちろん歯並びは、生まれ持ったあごと歯の大きさも関係します。定期的に歯の健診に行き、口の状態を全体的に見てもらうことも大切ですね。

 


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

 

 


  • 0
  • 1
  • 2
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。