記事サムネイル画像

「早く!」孫を連れ去る義母と交渉し、帰ってくるよう伝えるも暴走は止まらず… #拐われた娘 21

「拐われた娘」第21話。主婦のユリは幼稚園に通う娘・サクラを迎えに行くため、バス停に向かいました。園バスから降りてくる子どもたち。しかし、いつもなら1番にバスから降りてくるはずの娘が降りてきません。焦ったユリが確認すると、先生から「お父さんのほうのおばあちゃんが迎えに来た」と告げられます。娘の居場所がわかりホッとしたと同時に、夫から何も聞いていなかったためユリは怒りがこみ上げてきました。

夫へ怒りの連絡をするも、夫は義母の肩を持つばかり。さらには義母と娘の居場所は知らないと言い出します。その後、義母へ連絡を試みますが応じてくれず……。ユリは策を練ってなんとか電話に出てもらうことに成功。義母の今回の行動は、すべて義母の勘違いから始まったことと知り、ユリは頭を抱えます。

自分が勘違いしていたことを知った義母は、電話の向こうでパニック状態に。
そんな義母に向かって、ユリは冷静に親として今の思いを伝えますが……?

 

止められない…暴走する義母

娘が拐われた21-1

 

娘が拐われた21-2

 

娘が拐われた21-3

 

娘が拐われた21-4

 

娘が拐われた21-5

 

 

 

娘が拐われた21-6

 

娘が拐われた21-7

 

娘が拐われた21-8

 

娘が拐われた21-9

 

娘が拐われた21-10

 

 

 

娘が拐われた21-11

 

娘が拐われた21-12

 

娘が拐われた21-13

 

娘が拐われた21-13

 

娘が拐われた21-14

 

親に相談なく誘拐するかのようにサクラを連れまわされると、親としてはもう会わせたくなくなることを伝えるユリ。
その言葉を聞いた義母は焦ります。


とにかく娘と一度帰宅してほしいことをさらに伝えますが、義母は調子に乗って孫とまだ遊んでいたいと駄々をこね始めました。


その態度に怒りが再びこみ上げたユリは、電話で義母をどなってしまうのでした。

 

 

風邪が治ったばかり、明日も幼稚園がある状況で連れまわされてしまうと困りますよね。本当に孫のことを大切に思うなら、だますようなことはせずに「会いたい」と気持ちを話してほしかったですね。

>>次の話

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターツムママ

    息子とパパと家族3人で暮らしているお絵かきママ。インスタグラム、ブログ【ツムママは静かに暮らしたい】で「長男の嫁ってなんなの?」などを連載中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    126 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →