記事サムネイル画像

「傷つけられたのね」保育園で娘が友だちとぶつかりケガを⇒見てたママ友が騒ぎ出し #ママ友トラブル 4

「ドロドロ!ママ友裏ライン」第4話。娘が幼稚園に入り、4人のママたちと仲良くなった茶子さん。ママ友のグループラインに誘われ、人生初のママ友に喜んでいましたが、ほぼ毎日夕方になると活発になるグループラインに少し負担を感じ始めていました。

ある日、秋子さんと春子さんの子どもたちの間でトラブルが。あきくんがはるちゃんに手を出してしまったのです。一瞬表情が変わった春子さんでしたが、秋子さんからの謝罪を受け入れ、その日は帰って行きました。

春子さんの一瞬変わった表情に気づき、心配していた茶子さん。

ただ、大きなトラブルにならずホッと胸をなで下ろすのでした。

ある日保育園へ娘を迎えに行くと…

ママ友裏ライン1

 

ママ友裏ライン2

 

ママ友裏ライン3

 

 

 

ママ友裏ライン4

 

ママ友裏ライン5

 

ママ友裏ライン6

 

 

 

ママ友裏ライン7

 

ママ友裏ライン8

 

ママ友裏ライン9

 

 

 

ママ友裏ライン10

 

ママ友裏ライン11

 

ママ友裏ライン12

 

 

 

ママ友裏ライン13

 

ママ友裏ライン14

 

ママ友裏ライン15

 

 

 

ママ友裏ライン16

 

保育園でけがをした茶子さんの娘。

先生からの話では、秋子さんの息子・あきくんが投げたボールがおでこにぶつかってしまったよう……。

 

茶子さんは娘の不注意もあったことを知り、謝罪する先生に「気にしないでください」と声をかけます。

茶子さんの娘も「あきくん謝ってくれたから大丈夫」と平気そうな様子。

家に帰るころには、おでこの赤みも引いていました。

 

幼稚園では双方で話をすることになっていたため、秋子さんとも話した茶子さん。

秋子さんは恐縮して謝罪し、治療費の話もしてきました。

 

茶子さんは「たいしたことなかったし、お互い様!」と特に気にしていなかったのですが、そこへ春子さんが声をかけてきます。

別の場所へコソコソ移動すると「大変だったね」と話し始めます。

 

そして「けがさせられたんだって?」といじめを心配する春子さん。

茶子さんは春子さんの言い方に違和感を覚えるのでした。

 

 

茶子さんの娘のけがを聞いて、声をかけてきた春子さん。

しかしその話し方は一方的にあきくんが悪いような言い方で、茶子さんは驚いてしまいます。

 

あきくんがわざとボールをぶつけたわけではないことや、茶子さんの娘の不注意だったことを知らないのでしょう。

茶子さんを心配する気持ちはわかりますが、状況をはっきり知らないのに一方を悪者扱いしてもらいたくないもの。

ちょっと聞いた情報から、無意識のうちに誰かを悪者にしないよう気をつけて発言したいものですね。

 

>>次の話

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターあべかわ

    小学生の娘、年上夫と3人で楽しく暮らす、ワーキングマザー。アメブロ公式トップブロガー。娘との日常を描いたマンガや、ブログ読者から寄せられた体験談をもとにした連載マンガを投稿中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    76 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶