くわえさせるとのけぞってギャン泣き!出すぎるおっぱいが原因かも

2018/08/07 19:00
10
この記事では、助産師のHISAKOさんが、赤ちゃんにおっぱいをくわえさせても、のけぞってギャン泣きする原因についてお伝えしています。それは「出すぎるおっぱい」が原因かもしれないとのこと。張ったおっぱいは、前搾りをして少し軽くしてから授乳してみましょう。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
完全母乳
授乳

授乳している赤ちゃん

 

こんにちは、助産院ばぶばぶ・院長のHISAKOです。頻回授乳で欲しがるときに吸わせても、くわえさせるとあまり飲みたがらず、のけぞってギャン泣き。 このパターン、ママは途方に暮れてしまいますよね。

 

赤ちゃんはなぜおっぱいを嫌がるのでしょう。 嫌がるのは最初からですか?それとも途中からですか?最初は吸うのに途中ですぐに離してしまうなら、 もしかしてそれは「出すぎるおっぱい」のせいかもしれません。

 

赤ちゃんは自分のペースで飲みたい

おっぱいは、吸われると「分泌開始センサー」が働きます。一気に母乳が噴出してくる(射乳反射)と、 赤ちゃんは自分のペースで飲みたいのに、口の中に次々に母乳が流れ込んでくるのでイヤなんですね。

 

また、おっぱいが張ってくるまで待ってから授乳する、というママが多いのですが、 溜まったおっぱいは、さらに赤ちゃんの意思と無関係にお口の中に流れこんでいきます。「流し込み授乳」は、赤ちゃんにとっては飲み込むのもひと苦労!あわてすぎて空気を一緒に飲み込んでしまい、おなかが苦しくて泣いている、という場合もおおいに考えられます。

 

母乳は吸われたら出るようになっているので、むしろ張る前に飲ませてあげてくださいね。


ふわふわのおっぱいが飲みやすい

張ったおっぱいは、前搾りをして少し軽くしてから授乳してみましょう。 飲ませる前の少しだけの前搾りは、おっぱいの圧抜きになり、射乳反射のペースがやわらかくなるので赤ちゃんにとっては断然、楽に自分のペースで飲めるようになります。

 

赤ちゃんは乳輪の深いところからくわえて舌でペシャンコにして真空状態を作り、母乳を飲みます。 張っていないやわらかいおっぱいだと、乳輪からふわふわで真空を作りやすく、とても飲みやすいです。

 

理想は吸われたときだけ出る差し乳

そうして張る前におっぱいを吸わせることで、吸われたときだけ母乳が出てくる、理想的な「差し乳」になっていきます。あせらず、根気よく力を抜いて何度も何度も吸わせましょう!

 

それから、赤ちゃんが空腹すぎて激怒しているときは、いくら必死におっぱいを吸わせようとしてもストライキを起こして全力で拒否してきます。そんなときは無理強いせずに。おなかが空きすぎる前にころ合いを見計らって、前倒しで早めに飲ませるようにしましょうね。


総合病院小児科・産婦人科・NICU病棟勤務を経て、地域での助産師活動・出張専門助産院を開業。2006年には来院ケアも可能な「助産院ばぶばぶ」をオープン。2016年に11人目を出産し、ママたちに元気と勇気をおすそ分けすべく母乳育児支援や講演活動、書籍出版など多岐にわたって活動中。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
10

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。