記事サムネイル画像

「私もいちゃダメかしら?」出産に立ち会いたがる義母。夫も呆れた義母のホンネとは… #早く孫が欲しい義母 13

「早く孫が欲しい義母」第13話。エステの講師として働いている亜子さんは、優しい夫に出会い幸せな新婚生活を送っています。そんな夫とは対照に義母は少々無神経。早く孫をとプレッシャーをかけられていた亜子さんでしたが、やがて妊娠します。すると、義母は合鍵を要求したり、亜子さんの退職を厳しく責めたり……。

亜子さんの夫から「もう話したくない」「うちに来るな」と激怒されたことで、謝罪の電話までしてきた義母。しかし、亜子さんがすでにチャイルドシートを買ったことを伝えると、義母は「なんで勝手に買うのよ!」と怒り出しました。電話から数日後、「親戚からベビーカーをいただいたから見にいらっしゃい」と義母から連絡を受けた亜子さんは、不安を抱えながら夫と共に義実家を訪れました。

 

自信満々な義母が見せてくれたのは、ボロボロでほこりまみれのベビーカーでした。「ちょっと古いけどメーカー品だし問題ないでしょ」と義母は言いますが、そのベビーカーは亜子さんの力では十分に動かせないことが判明。

 

亜子さんの夫は「いらない!」と憤り、気まずい雰囲気に。空気を変えようと手土産のシュークリームを差し出した亜子さんの機転によって、話題は立ち会い出産へと移り変わり和やかな空気に。しかし、義母が立ち会いを希望する発言をしたのを機に、またまた空気が凍る事態になって――!?

 

立ち会いを希望する義母のホンネは

早く孫が欲しい義母 13

 

早く孫が欲しい義母 13

 

早く孫が欲しい義母 13

 

早く孫が欲しい義母 13

 

早く孫が欲しい義母 13

 

早く孫が欲しい義母 13

 

早く孫が欲しい義母 13

早く孫が欲しい義母 13

 

早く孫が欲しい義母 13

 

早く孫が欲しい義母 13

 

早く孫が欲しい義母 13

 

早く孫が欲しい義母 13

 

早く孫が欲しい義母 13

 

ベビーカーの件が一段落した直後――。

 

義母は立ち会い出産について、亜子さんに尋ねてきました。夫が立ち会う予定であることを亜子さんが話すと、義母は身を乗り出して「私もいちゃダメかしら?」と発言し、亜子さんを驚かせます。

 

病院の方針により、出産時に立ち会えるのはパートナーのみであること、亜子さんが実母を呼ばないつもりであることを告げると、義母は「よかったわ」とほっとした様子。亜子さんの実母が呼ばれて、自分だけ呼ばれないのは悔しいと思っていたと言うのです。そんな義母に呆れた亜子さんの夫も、再び義母に釘を刺しました。

 

続けて亜子さんが病院の指示により、出産後の連絡や訪問を控えてほしいとお願いすると、義母は「私は祖母になるのよ!」「何が悪いのよ!」と怒り出しました。

 

しかし、ここでとどめをさしたのが亜子さんの夫。「母さんみたいな突撃ばぁばがいるからだろ?」のひと言で、すっかり義母は固まってしまい、その場の空気は凍りついたのでした。

 

◇  ◇  ◇

 

立ち会い出産は赤ちゃんの誕生の瞬間に一緒に立ち会える素敵な経験ですが、家族と言えど義理の家族には抵抗を感じる方も少なくないかもしれませんね。助産師さん曰く、昨今は立ち会い出産をする人の割合が増えているそうですが、産院によって立ち会える人は夫のみや、夫と実母のみなど、ルールはさまざまなのだそう。産院のルールを把握したうえで、夫婦で一緒に考えて、家族みんなが納得のいく答えを見つけられるといいですね。

 

監修/助産師 松田玲子

 

>>次の話

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      夫くん、よくぞ言ってくれた!でしゃばりバァバは要らりません。産後に支障が出るので関わらないで頂きたいね。様子を聞きたいなら、息子に聞いたらよろし。
      +23 -3
    • 通報
      令和の妻たちはこの漫画の夫君を手本に相手探しをした方が良いですね。 ここまでは頼りになっている。 そして未だに?存在しているのか?の様な義母は一蹴するべきですね。有りえない! 令和の世は妻夫義実家、実… もっと見る
      令和の妻たちはこの漫画の夫君を手本に相手探しをした方が良いですね。
      ここまでは頼りになっている。
      そして未だに?存在しているのか?の様な義母は一蹴するべきですね。有りえない!
      令和の世は妻夫義実家、実家共に扱いは平等認識です。女性たちは婚姻前、妊娠前に確認必要ね?こんな義実家ストレスしかないもん!
      +20 -3

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターおーちゃん

    孫ラブおばさん。10歳年上の夫と2人暮らし。長女(29歳)、次女(27歳)、長男(24歳)の3人の母親で、6歳の孫を溺愛中。Instagramとブログで家族の話を更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    16 クリップ

    この記事の著者
    著者プロファイル

    原作者ココ

    紆余曲折を経て、義母と「仲良くないけどいがみ合わない関係」を勝ち得た嫁。座右の銘は「ちょっとヤバそうな人とは同じ土俵に上がらない」。現在は頼れる夫と3人の子どもと穏やかに暮らしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →