子連れ旅行にうどん県はいかが?わが家のリピ店3選

2017/09/26 13:00
わが家一押し「長田in香の香」でいつも頼むのは「たらいうどん」です。4.5玉で税込み1,000円という安さに感激します。綾歌郡の「おか泉」は開店前に行くほうが待ち時間が少なく済みました。また、座敷があるのでゆっくり食べられましたよ。地元民に愛される「たも屋本店」ではバンボやヌードルカッターなどが置いてあり、子連れへの配慮が充実しています。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
料理
食生活
おすすめ
ランチ

 

うどん県と言えば、讃岐うどんで名が知れ渡る香川県ですよね。わが家は大のうどん好きで、1日に最高5軒ハシゴしたことも。うどんは小さな子どもにとっても食べやすいので、家族そろって楽しむことができます。今回は、子連れで行きやすいわが家おすすめ店3つをご紹介します。

 

わが家一押し!「長田in香の香」

「長田in香の香」は、善通寺市に所在する釜揚げうどん専門店です。系列店がなく、ここでしか食べられない味があります。数々のお店に足を運びましたが、ツヤのある麺と出汁ともに最高です。

 

言わずと知れた名店なのですが、連休などを除けばほとんど待たずに食べられるのが魅力。子ども用の取り皿やフォークなども用意してくれますよ。いつも頼むのは「たらいうどん」です。4.5玉で税込み1,000円という安さに感激します。

 

座敷で食べられる「おか泉」

坂出ICから車で約16分のところにあるのが、綾歌郡の「おか泉」です。夏に生後6カ月だったわが子を連れて行ったのですが、おどろくほどの行列でした。

 

あきらめようとも思いましたが、夫に並んでもらい、わが子と私は順番がくるまでクーラーが効いた車で待機。うどん店は回転が早いので、思ったほど待った印象はありません。開店前に行ったときの方が待ち時間が少なかったですね。座敷があるのでゆっくり食べられます。


子連れへの配慮あり!「たも屋本店」

高松市内にあり、どちらかというと地元民に愛される「たも屋本店」。私たちが行ったときは並ぶことなく店内に入れました。

 

バンボや豆いすが置いてあったり、おむつ交換台があるなど、子連れへの配慮がみられます。うどんカッターまであったので、離乳食時期の子どもを気軽に連れて行きやすいと思いました。また、朝7時から開いているので、うどん巡り1店舗目にするのもいいですね。

 

 

子連れだと行くのが大変そう……と思いがちなうどん巡りですが、行きやすいところをピックアップすれば案外大丈夫です。今回は、わが家のリピ店をご紹介しましたが、まだまだ知らないお店があるので開拓していきたいと思います。(TEXT:ママライター田中由惟)


  • 0
  • 1
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。