【Q&A】大豆アレルギーでも、みそやしょうゆは食べられるの?

2017/10/26 21:00
子どもが大豆アレルギーだとわかったとき、大豆そのものはもちろん、大豆が使われているすべてのものが食べられないと思っていませんか。ほかの豆類が食べられるかどうかも含めて、今回は大豆アレルギーについてお伝えします。

 

子どもが大豆アレルギーだとわかったとき、大豆そのものはもちろん、大豆が使われているすべてのものが食べられないと思っていませんか。ほかの豆類が食べられるかどうかも含めて、今回は大豆アレルギーについてお伝えします。

 

大豆や大豆製品は食べないように

大豆アレルギーは、大豆に含まれているたんぱく質が原因で起こる食物アレルギーです。大豆アレルギーがある場合は医師の指導のもと、大豆そのものはもちろん、きなこ、おから、豆腐、厚揚げ、油揚げといった大豆を使った製品、または大豆由来の乳化剤などが使われている食品を食べないようにします。

 

避けたい大豆製品、大豆が入っている食品

大豆:大豆、黒大豆(黒豆)、青大豆(枝豆)
大豆製品:きなこ、おから、豆乳、湯葉、厚揚げ、油揚げ、がんもどき、豆腐、納豆、しょうゆ、みそ
大豆が入った加工食品:大豆由来の乳化剤を使った食品

 

みそやしょうゆは、ほとんどの場合は問題なし

みそやしょうゆは、発酵しているときにアレルゲンとなっているたんぱく質が分解されます。そのため、大豆アレルギーの場合でも、こうした調味料を使える場合がほとんどです。医師と相談しながら、除去する量を決めましょう。

 

また、米や雑穀など、原材料に大豆を使っていない代替調味料もあります。しょうゆやみそが使えないときは、市販されているこうしたものもじょうずに利用しましょう。


大豆以外の豆類は食べられる

大豆アレルギーの場合でも、そら豆やえんどう豆、小豆のようなほかの豆類は食べられます。豆が使われているという思いこみだけで、すべての豆類を除去する必要はありません。


ただし大豆は、加工食品の表示義務がない食品です。加工食品の原材料に大豆が含まれていても、表示そのものがないこともあります。表示がないからといって、大豆が使われていないと判断することはできません。気になるときはメーカーや製造会社に問い合わせ、原材料を確認しましょう。

 


アレルギーのため、大豆が食べられなくても、大豆以外のたんぱく質が含まれている食品をしっかり摂ること。代替食などもうまく活用しながら、バランスよく栄養がとれる食事を心がけましょう。

 

※参考文献、資料
  厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」
「食物アレルギーの栄養指導の手引き2011」
「食物アレルギー診療ガイドライン2016」(協和企画)
「食物アレルギーの栄養指導」(医歯薬出版株式会社)
「図解食物アレルギーの悩みを解消する!最新治療と正しい知識」(日東書院)
「食物アレルギーをこわがらない!はじめての離乳食」(主婦の友社)

 


著者:管理栄養士 富田チヤコ

管理栄養士で一男一女の母。大学卒業後、専業主婦時代に離乳食作りから食の重要性に気付き、管理栄養士・フードコーディネーター・消費生活コンサルタントの資格を取得。書籍や女性誌の栄養監修など、主に健康と食のジャンルを中心にフードライターとして活動中。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。