記事サムネイル画像

「え?どういうこと?」飲みに行くとおしゃれをして出て行った妻→朝になっても帰らず、思わず夫は… #妻が嫌すぎる夫 7

「妻が嫌すぎて〇〇になった夫」第7話。亮太さんは妻の麻耶さん、4歳の息子・和馬君の3人家族。亮太さんは、麻耶さんに対して不満があり、会社で寝泊まりして1週間になります。亮太さんが家を出ることになった理由とは……?

いつも麻耶さんの、どこか自分を見下しているかのような発言が気になっている亮太さん。その日は売り言葉に買い言葉でつい声を荒らげてしまいますが、子どもの手前、自分の感情をしまい込み、グッと耐えるほかありません。

 

あまりにも配慮に欠ける麻耶さんの発言に、亮太さんは生きる意味すら見失いかけてしまいます。加えて、ちょうどそのころ体に異変を感じるようになり……?

 

いないほうが気ラク…そう思っていたけれど

 

妻が嫌すぎる夫7-1

 

妻が嫌すぎる夫7-2

 

妻が嫌すぎる夫7-3

 

 

妻が嫌すぎる夫7-4

 

妻が嫌すぎる夫7-5

 

妻が嫌すぎる夫7-6

 

 

妻が嫌すぎる夫7-7

 

妻が嫌すぎる夫7-8

 

妻が嫌すぎる夫7-9

 

 

妻が嫌すぎる夫7-10

 

妻が嫌すぎる夫7-11

 

妻が嫌すぎる夫7-12

 

 

妻が嫌すぎる夫7-13

 

妻が嫌すぎる夫7-14

 

妻が嫌すぎる夫7-15

 

 

妻が嫌すぎる夫7-16

 

妻が嫌すぎる夫7-17

 

妻が嫌すぎる夫7-18

 

 

妻が嫌すぎる夫7-19

 

妻が嫌すぎる夫7-20

 

妻が嫌すぎる夫7-21

 

 

妻が嫌すぎる夫7-22

 

妻が嫌すぎる夫7-23

 

妻が嫌すぎる夫7-24

 

 

妻が嫌すぎる夫7-25

 

ふと、麻耶さんの自宅での様子が気になった亮太さんは、入浴中、和馬君に日ごろのママの様子について聞いてみることに。


すると「いつもお歌聞きながら踊ってる。あとねぇ、よくお電話してる。」と和馬君。

 

「ずっと電話してる」という妻の様子に少し違和感はありますが、特におかしい様子は見受けられません。

 

ところが次の日の夜「友だちと飲みに行ってくる」と家を出て行ったきり、朝になっても麻耶さんが帰らないのです。

 

前日まで麻耶さんがいないことを「気ラクだな。」と感じていた亮太さんでしたが、本当に帰ってこなくなるとは……。

 

「は? なんかあった?」とついスマートフォンを見ながら心配してしまうのでした。

 

一緒に過ごす時間が長いほどお互いの存在が当たり前になり、つい思いやりに欠けた言葉や態度を取ってしまうのは珍しいことではありません。

 

しかし、当たり前だと思っている存在ほど、失うと喪失感を強く抱くものかもしれません。

 

お互いに感謝や労いの気持ちを忘れず、パートナーに接することができると良いですね。

 

>>次の話

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターくろねこ

    ワンオペ三児の母。育児のエッセイ漫画と実話を基にした家族、夫婦の創作漫画を描いています。ブログ、SNSで発信中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    9 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →