マンガ 体験談 マンガ 脱力系ゆる育児日記

【マンガ】脱力系ゆる育児日記第123話~人生初の一大イベントで……~

34
前回に引き続き、長女N子の出産時のお話。前駆陣痛と本格的な陣痛の境目がどこか分からないまま2日続き、何度か病院に電話し、2日目の夜、やっと病院からゴーが出ました。つ、つ、つ、ついに、このワタクシメが出産て~~~~!!!!!ほ、ほ、ほ、ほんで、陣痛てどんだけ痛いね~~~~ん!!!!!

連載 脱力系ゆる育児日記

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

前回に引き続き、長女N子の出産時のお話です。


前駆陣痛と本格的な陣痛の境目が分からないまま、2日続き、その間、どうしたらいいのか分からず何度か病院に電話しました。得意の「もうちょい様子みてください〜」が何度か続き、2日目の夜、やっと病院からゴーが出ました。

 

お恥ずかしい話、前駆陣痛というものを知らなかったので、私の中で何が起きているのかも分からず、うれし恥ずかし人生初の一大イベントに望むことになりました。


 

 

 

つ、つ、つ、ついに、このワタクシメが出産て〜〜〜〜!!!!!


ほ、ほ、ほ、ほんで、陣痛てどんだけ痛いね〜〜〜〜ん!!!!!
 

と、かつてない程ドキドキし、かつてないほど興奮していました。そして、電話を受けてくれた助産師さんの的確でムダのない事務的な対応に、激しい温度差を感じた夜の始まりでした。

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!


続きを読む

高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。

連載 脱力系ゆる育児日記

前の話を読む 122話

【マンガ】脱力系ゆる育児日記第122話~前駆陣痛~

次の話を読む 124話

【マンガ】脱力系ゆる育児日記第124話~見ず知らずの助産師さんが~

最初から読む 69話

【マンガ】脱力系ゆる育児日記 第69話~保護者会の役員さん~

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

【マンガ】脱力系ゆる育児日記第123話~人生初の一大イベントで……~の関連記事

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。