【マンガ】脱力系ゆる育児日記第124話~見ず知らずの助産師さんが~

2017/12/10 18:00
前回、やっと病院へ行く許可をもらった私。やっとの思いで産婦人科の階に到着したものの、エレベーターホールで陣痛と戦っていると、私を見つけた見たこともない若い助産師さんが、彼女の白く美しい拳をおもむろに私の肛門に……。わ、わお~~~これは、あのテニスボールのやつですね……!
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

前回、やっと病院へ行く許可をもらった私。

 

とても大きな病院だったので、タクシー降り場から夜間入り口に行くまで、夜間入り口での手続き中、ロビーから産婦人科に行く間と何度も陣痛が襲ってきて、その都度、壁にもたれたり、地面にうずくまったりしながら痛がっていました。

 

やっとの思いで産婦人科の階に到着したものの、エレベーターホールで陣痛と戦っていると、私を見つけた見たこともない若い助産師さんが、彼女の白く美しい拳をおもむろに私の肛門に……。

 

 

わ、わお~~~これは、あのテニスボールのやつですね……!
 

見ず知らずの若い子に肛門を押された衝撃も忘れる程、陣痛がとても楽になりました。助産師さんすげ〜!テニスボールいらずや〜ん。

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


  • 3
  • 49
  • 4
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

【マンガ】脱力系ゆる育児日記第124話~見ず知らずの助産師さんが~の関連記事

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

コラムに関するキーワード