トマトの湯むきやしらすの塩抜き。離乳食特有の下処理はいつまでする?

トマトの湯むき、大豆の薄皮取り、しらすの塩抜きなどなどは赤ちゃんが何歳まですればいいのでしょうか? 赤ちゃんが1歳半までは続けてあげると安心です。また、1歳半を過ぎてもおこなったほうがいい下処理についてもご紹介いたします。

離乳食の下処理のイメージ

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食特有の下処理と言えば何を思いつきますか? トマトの湯むき、大豆の薄皮取り、しらすの塩抜きなどなど、大人料理を作るときはしない下処理をします。このような下処理は、いつまですればいいのでしょうか?

 

続きを読む

離乳食のときに下処理をする理由

少々手間に感じる離乳食特有の下処理ですが、どうしてしなくてはいけないのでしょうか?

 

1.赤ちゃんの内臓機能が未発達なため

赤ちゃんの内臓は、野菜などの繊維、薄皮、果物の種、肉の脂肪を消化しにくく、内臓に負担をかけてしまうことがあります。

 

2.赤ちゃんの身体機能が未発達なため

赤ちゃんの口の機能は、離乳食を食べ進めていくうちに発達していきます。まだ未発達な口の機能は、下処理をしなければうまく飲み込めないことがあります。

 

1歳半を過ぎてもしなければいけない下処理

1歳半を過ぎてもしたほうが安心な下処理を3つお伝えしますね。

 

トマト

トマトを使うときは、ひと口で食べられるくらいの小ささに切ります。とくにプチトマトは皮が固く噛みちぎりにくいので、そのままは与えず、1/4程度に切ってあげましょう。

 

しらす

しらすは塩抜きをするか、しない場合はしらすを入れるメニューにはほかの調味料を入れず、しらすの塩分で味をつけるようにしましょう。

 

大豆やコーンなど

大豆やコーンなどの薄皮をむかない場合は、刻むところから始めてみるなど、消化しやすいようにひと手間かけてあげましょう。

 

 

離乳食特有の下処理は、離乳食をスムーズに進めていくための大切な役割をしています。離乳食期の約1年間、愛情を込めて下処理をしてあげてくださいね!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    保育士中田馨
    一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長

    0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨 和の離乳食レシピ blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)も発売中!

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • 離乳食の下処理に関する記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    食・レシピの新着記事

  • PICKUP