産前・産後の情緒不安定、どう乗り越えればいいの?【助産師に相談】

2018/03/27 19:00
26
「気軽に専門家に質問ができて、さらに返信も早い」とママから日々感謝の声が寄せられているベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の掲示板。その中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。ママさんたちのリアルな悩みに、助産師さんはどのように答えてくれているのでしょうか。今回は、妊娠中にイラつきが止まらないというお悩みです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
妊娠の悩み
体験談
助産師に相談

マタニティブルーのイメージ

 

「気軽に専門家に質問ができて、さらに返信も早い」とママから日々感謝の声が寄せられているベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の掲示板。その中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。ママさんたちのリアルな悩みに、助産師さんはどのように答えてくれているのでしょうか。今回は、妊娠中にイラつきが止まらないというお悩みです。

 

妊娠中のイライラがつらい……

今回は、妊娠中にイラつきが止まらないというお悩みです。Q&Aの中では“マタニティブルー”という言葉を用いていますが、じつは、マタニティブルーとは産後の精神的に不安定な状態を指します。でも、妊娠中も不安定だしイライラしちゃいますよね。ここでは、産前〜産後にかけて起こるイライラの原因と解決法について解説します。

 

Q. マタニティブルーはいつ終わりますか?

旦那の些細な発言や行動にイラついてしまう。いつになれば、マタニティブルーは終わりますか?

 


宮川めぐみ助産師からの回答

マタニティブルーがいつ頃まで続くかというのは個人差がありますので、はっきりとは言えません。それに、産後もホルモンの大きな変化があり、不安定な時期は続きます。もしマタニティブルーがこれ以上続くことがつらいようでしたら、かかりつけの先生などに相談をされるのもいいと思います。

 

あとは、しんどい気持ちをこぼせるお友だちなどはいらっしゃいますか? 気分転換ができたりすると、また違ってきたりしますよ。リラックスできるものを見つけてみるのもいいと思います。きっと産後にも生かせるのではないかと思いますよ。

 


※参照元:ベビーカレンダー「助産師に相談」コーナー〈 https://baby-calendar.jp/talk/topic/detail/25458

 

妊娠中の情緒不安定、“産前うつ”とは? 産後うつのほうが危険?

妊娠中のうつの原因は、ホルモンバランスが変わるという身体的要素に加え、「うまく育ってくれるだろうか」「お産はうまくいくだろうか」といった心理的不安が影響しています。


しかし、これはほとんどの場合が妊娠初期で落ち着き、その後は「赤ちゃんが生まれるのが楽しみ!」という未来への期待のほうが膨らんで、解消されてしまう場合がほとんどであまり心配はいりません。

 


※引用元:基礎知識(ベビー)「産前うつ(妊娠うつ)・マタニティブルー・産後うつについて」〈 https://baby-calendar.jp/knowledge/baby/735

 

 

なるほど!そこまで深刻に考えなくても大丈夫なようです。でも、宮川助産師も言うように、情緒不安定な時期は産後にもあり、そちらのほうが自覚できていないことが多く、悪化するおそれがあるとのこと。


マタニティブルーの症状と原因

赤ちゃんが生まれると、胎盤も役割を終え、ママのからだから出てきます。妊娠中、大量のホルモンを作り出していた胎盤がなくなると、一気にママのホルモンバランスが変化します。このホルモンバランスの変化に加えて、寝不足や育児に伴う疲労などでママの気持ちが落ち込んでしまいます。

 

マタニティブルーは、産後3~10日に発症する、一過性の抑うつ状態のことをいいます。赤ちゃんのお世話に対して負担を感じたり、ちょっとしたことで涙ぐんだり、そしてなかなか眠れないということも。これはお産後のママの30~50%にみられ、だいたい2週間くらいで症状はなくなります。マタニティブルーは生理的変化ととらえられているので、とくに治療は必要ありません。
 

生理的なもの、でも重症化すると……

マタニティブルーは一過性のものですが、症状が重症化すると、産褥期精神病のひとつである「産後うつ病」に移行してしまうことがあります。産後うつ病の多くは、産褥1カ月以内に発症し、お産後のママの約3%にみられます。症状は一般的なうつ病と変わらず、何もやる気がなくなったり、睡眠や食欲が変化したり、集中力の低下や気持ちの落ち込みなど、さまざまな症状が現れます。そして、産後うつ病で特徴的なのが「赤ちゃんのお世話がうまくできない、私は母親失格なのでは?」という自信喪失、「どうして赤ちゃんは泣いてばかりいるの?」という不安や怒り、ちょっとしたことが気になってしょうがないといったことなどが蓄積し、ママが「育児に対して悲観的になる」というところです。

 

産後うつ病は病気です。「これはマタニティブルーの範疇ではないな」と思ったら、メンタルクリニックを受診し、適切な治療を受ける必要があります。

 


※引用元:ニュース(医療)知ってる? 産後のメンタル不調「マタニティブルー」と「産後うつ」の違い〈 https://baby-calendar.jp/smilenews/detail/2363

 


マタニティブルー・産後うつの体験談

産後は母乳の出が悪かったり、思わぬトラブルに見舞われることもあります。そんなとき、「なんて自分はダメな母親なんだろう……」と自分を責めてしまうんですね。ここで、いくつか体験談をご紹介します。

  • 「上に3歳児の娘がいての出産!出産の次の日に長女が旦那と面会に来てくれ、帰りにお母さんといたいと号泣。その日は私も寂しくて帰ったあと泣きました。それ以降は泣かずに帰る姿にホッとしました。それほど愛おしかった長女ですが、産後の不安定なのもあるのか、退院後しばらくしてからはちょっとしたことでもイライラが増えて、叱るというより自分の感情で怒ってしまうことが増えました。怒ってからごめんね、と泣くことも。赤ちゃんよりは長女に対して感情をコントロールできなかったです。まだ3歳。妹のことを可愛がってくれているのに、葛藤してるのに……反省の毎日でした。産後1カ月してからはもちろんイライラもあるし、叱ることもありますが、少しずつ落ち着いてきています」(ひまわり さん)
  • 「産後1カ月、実家に帰り、母や弟の協力があったので精神的にはなんら不安を感じていないつもりだったのですが、昼間は母と弟が仕事へ行ってしまうため、赤ちゃんと2人きり。そのうちなんてことないことでも不安に感じてしまい、1日に何度も病院へ電話してしまうこともありました。赤ちゃんの泣き声を聞くと汗が止まらず、暑くはないのに常に額から汗が垂れていました。不安で不安で仕方なくて仕事中の旦那にまで何度も電話をかけたり、母と弟に泣きながら仕事を休んで一緒にいてくれと頼んだりもしました。昼寝している赤ちゃんと一緒に寝ようと思っても眠れず、1日の睡眠時間は1時間もなかったと思います。精神的にかなり限界でした。まさか自分が産後うつになるとは思ってもいなかったので気付くまでとてもつらかったです。2カ月をすぎたころから赤ちゃんとの生活に慣れてきたのか、じょじょに落ち着いてきました。今では赤ちゃんの泣き声にも気付かず、寝てしまっていることさえあります(笑)」(ママ さん)
  • 「産後はホルモンのバランスの乱れでイライラしやすかったり、涙もろくなったりと自分もありました。今思えば妊婦のときからだったなと思います。身近にいる人にかなり八つ当たりをして過ごしてきました。ちょっとしたこともすごくイライラして感情のコントロールがきかない感じです。家の中でゆったり過ごすのがいちばん落ち着きました」(そばかす さん)

 

マタニティブルーになってしまったら?

初めての出産だけでなく、2人目、3人目でもマタニティブルーになることはあります。「できて当たり前」と思わずに、「最初はできなくて当たり前」と思うことで気持ちがラクになります。なんでも自分だけで解決せずに、周りの人の助けを借りましょう。パパや周囲の人も、積極的にママに声をかけ、プレッシャーや孤独感を感じさせないようにするようにしましょう。

 


※引用元:基礎知識(出産)マタニティブルーとは〈 https://baby-calendar.jp/knowledge/birth/858  〉、 基礎知識(ベビー)「産後うつの体験談」〈 https://baby-calendar.jp/knowledge/baby/534  〉

 

 

女性にとって出産はそれだけ人生の一大事ということですね。小さな命を授かり、それを全力で守っていくのは本当に大変なことです。自分のことを「できない母親」「うまくいかない」と責め立てるのではなく、「うまくいかなくて当たり前。そのぶん愛情をかければOK!」と考えられるようになるといいですね。母親になったからといってなんでもできるわけではないし、少しずつ赤ちゃんとの関係性を深めていくものです。まったくあせる必要はないし、周りに甘えるのも全然アリです! ちょっと最近鬱々してるな……と思ったら、意識的にガス抜きするようにしましょう。


  • 私も産後2ヵ月を過ぎたあたりから不安定になり涙が止まらなくなり、1日に何度も泣く事がありました。特に災害に対しての不安が大きく、ネット情報を見るのが恐怖となり検索サイトを開くことさえ避けるようになりました。なるべく1人の時間を減らし支援センターや実家に行き来したり、友達を呼んだりしました。まだまだ不安定で、泣く日もあり、未だに検索サイトは開くことさえできませんが一時よりは少し落ち着いてきたように思います。

    2018/09/14 20:59

この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
26

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。