「大丈夫ぜよ!」脱力系ゆる育児日記第160話

イラストレーターやましたともこさんの脱力系ゆる育児日記 第160話。命名したあとも、ほかの名前と比較して、自分の決断が間違えてなかったのか、考えてしまっていたそうです。

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

人はとても重要な決断をしたときに、自分は間違えていなかったと信じ込みたくなるとかならないとか……。

 

長女N子に「N子」と命名したときに、最高の名前を考えることができて最高の気持ちだったんですが、毎日毎日名前のことばかりを考えて過ごしてしまったため、スッカリ名前を考えるクセがついてしまい、命名をしたあとも、あの名前え〜やんとかこの名前もえ〜やんとか、ついついN子とほかの名前を比較して自分の決断が間違えてなかったか考えたような気がします。

 

名づけ(4コママンガ)

 

今となってはN子はN子以外の何ものでもなくなってきたので、N子と命名したてホヤホヤのころ、重要な決断を早く間違えてなかったと思いたがっていた自分に「大丈夫ぜよ!」と伝えてあげたいです。

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターやましたともこ

    高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 過去のお話はこちら

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP