「N子小学校に入学」脱力系ゆる育児日記第161話

カテゴリー│マンガ  体験談  マンガ  やましたともこ 
2018/04/18 18:00
55

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

第101話から昔に遡り、長女N子を妊娠したころからのお話を描かせていただいておりましたが、ここらで少し小休憩して、今回は現在のN子のお話をさせていただこうと思います。決して、名づけ関係の話がぼや〜っと続きすぎて、読者のみなさまの心が離れているのをヒシヒシと感じたからではございません。

 

先月末に保育園を卒園したN子。おかげさまで今月、小学校に入学させていただきました。楽しいときは早くすぎると言いますが、早かった!超〜早かったね!!

 

入学(4コママンガ)

 

N子が0歳のころは、時計が壊れているんじゃないかと思うくらい時間の流れるのが遅かったのに、いつからこんなにときが経つのが早く感じるようになったんだろうと考えてみました。

 

1歳になるまでは、1年の体感スピードが100年ぐらいでした。100年生きたことないけど。2歳になるまでには普通に1年が1年になって、3歳とか4歳は覚えてないぐらい早かった。それからは、もう5歳のときってあった?というぐらいスピードがマッハに達した気がします。

 

出産されたばかりで時計が壊れていると思うほど、時間が経つのが遅いと感じている私と同じタイプのお母さん、がんばってください〜。山を越えたらあなたの時計も1秒が1秒に戻ってくれるかもです〜!※個人の意見です。

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!

著者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

過去のお話はこちら

人気記事ランキング

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)