医療 体験談 逆子 出産 帝王切開 陣痛促進剤

帝王切開になるのはどんなケース?予定帝王切開と緊急帝王切開

帝王切開に対して心配する妊婦さんのイメージ

 

帝王切開がおこなわれる理由はさまざまあり、計画的におこなわれるケースもあれば、緊急におこなわれるケースもあります。出産を控えるママはどんなケースで帝王切開になることがあるのか知っておくことで、いざというときに医師の説明に慌てずにすむと思いますのでお話させていただきますね。

 

続きを読む

帝王切開となるケース

帝王切開とは出産方法のひとつで、手術によって胎児を出産させる方法です。ほとんどの場合は下半身麻酔でおこないますが、母体の状態により全身麻酔でおこなわれることもあります。また通常は分娩室ではなく手術室でおこなわれ、胎児を出産した後には、胎盤なども手術室で出します。

 

帝王切開で出産となるケースとしては、以下のようなものがあります。

 

予定帝王切開の場合

1)以前に帝王切開で出産したことがある
2)以前に子宮の手術をしたことがある
3)胎児の頭と母体の骨盤の大きさに不均衡がある
4)前置胎盤である
5)内科疾患の合併(心臓の疾患など)がある
6)感染症の危険がある
7)逆子などの胎位異常がある
8)多胎妊娠(双子や三つ子など)
9)巨大児
10)前置血管(子宮口に臍帯が張り付いているような状態)など

 

緊急帝王切開術の場合

1)分娩遷延もしくは分娩停止
2)重症妊娠高血圧症候群
3)常位胎盤早期剥離
4)子宮破裂
5)妊婦心肺停止
6)胎児機能不全
7)臍帯下垂もしくは脱出
8)前置血管が破れてしまった場合
9)Preterm PROM(37週未満に起こる前期破水)など

 


監修者:看護師 ROCO

国立大学医学部看護学科卒業後、公立病院周産期センターにて勤務。ハイリスク事例、NICUにて多くの実務経験を経る。現在、不妊治療などの記事執筆・監修に携わる。

 


※参照元:ベビーカレンダー「帝王切開は痛い?手術の流れ、術後の生活や痛みについて」〈 https://baby-calendar.jp/knowledge/birth/982 〉

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。