「大病院はでっかいど〜」脱力系ゆる育児日記第193話

カテゴリー│マンガ  体験談  マンガ  やましたともこ 
2018/08/08 18:00
83

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

 

192話に引き続き、1カ月健診のお話です。
 

長女N子が生まれた病院はとても大きな病院だったので、予約をしていても1〜2時間は普通に待たないといけない病院でした。都会にありがちな(田舎にもあるかもしれません)外待合でまず待って〜番号が表示されたら〜中待合に入って〜中待合でもしこたま待つ〜って感じの流れでした。

 

育児日記(4コママンガ)

 

もともと人混みや行列が苦手な鼻水を垂らした田舎者なのですが(田舎者がみんな鼻水を垂らしているわけではありません)それでも1人のときなら何とか待ち時間を楽しむ方法を見つけて頑張ってたのですが、まだ乳飲み子との外出に慣れていないひよっこの私にはN子を連れての待ち時間が苦痛で苦痛で……。

 

やっとの思いで中待合に入って看護師さんから名前を呼んでもらったときには、長い待ち時間を無事に乗り切った喜びから、「オオ〜」と歓声をあげながら、身長や体重などを測ってくれている看護師さんの見事な新生児さばきにうっとりと見とれていたのですが、なんとそのあとに、先生に診てもらう順番待ちのために再び外待合へ逆戻りするっていうね!

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!

著者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

過去のお話はこちら

人気記事ランキング

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)