集中して食事ができる4つの方法を離乳食インストラクターが教えます!

2018/08/12 20:00
この記事では、離乳食インストラクターの中田馨さんが、「赤ちゃんが集中して食事ができる方法」についてお話しています。毎日食事の時間を決める、食事にかかる時間を決める、食べきれる量を盛り付ける、部屋の環境を整える。まずはこの4つを試してみましょう。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
離乳食
コツ・ヒント

遊び食べしている赤ちゃんのイメージ

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食後期や完了期になると、遊び食べや食べムラが気になることもあります。ついこの前までは、パクパク食べていたのに急に食べなくなるとママは心配ですよね。今日は、赤ちゃんに離乳食を集中して食べてもらうために、ママができる4つの方法をお話します。

 

1.毎日食事の時間を決める

3回食になったら、毎日決まった時間に食べるようにしましょう。そのためには、生活リズムを整えることが大切です。生活リズムを整えるためには食事だけではなく、睡眠と運動も大切になってきます。よく寝てよく動いて空腹感を感じることも大切なのです。

 

2.食事にかける時間を決める

食事にかける時間をだいたい決めましょう。赤ちゃんの集中力はそんなに長くはありません。食べてほしい気持ちはとてもよくわかりますが、たくさん時間をかけて食べさせなくてもいいです。

 

遊び始めたり、食事への集中力がなくなったと感じたりしたら、スパッと切り上げることも大切。あまり食べずに切り上げた場合は、おやつにする、次の食事を少し早めにするなどしてみてくださいね。


3.食べきれる量を盛り付ける

食が細い赤ちゃんには、まずは赤ちゃんが食べきる量だけをお皿に盛り付けるのもいい方法。「全部食べた!」という成功体験を積み重ねることも大切です。赤ちゃんをほめながら、食べる意慾を育ててあげましょう。

 

4.部屋の環境を整える

部屋を食事に集中しやすくなる雰囲気にすることはとても大切。赤ちゃんが食事に集中できなくなるテレビやスマホはオフにする、食事場所はいつも同じ場所にする、テーブルの上を片付けるなど、赤ちゃんが集中できる環境をつくってあげましょう。

 

赤ちゃんが遊び食べなどを始めると、ママの視点が「食べさせること」に集中してしまいがちです。もちろん食べさせることも大切ですが、もしかすると今、赤ちゃんは食べ物を触ってその感触を確かめているのかもしれません。食べムラも「食べ物を選んで食べられるようになった成長のあかし」と考えるといいかもしれません。

 

 

離乳食などを集中して食べなくなってしまうことは、赤ちゃんが育っていくなかで、多かれ少なかれ起きることです。今、ママができることをして赤ちゃんをサポートしつつ、「楽しく食べる」雰囲気づくりを心がけてくださいね!


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。