妊娠6カ月、「病気の告知」|口唇口蓋裂ちゃん、育ててます(2)

2018/08/23 20:00
132
2013年生まれの長女くぴこは「口唇口蓋裂」ちゃん! くぴこ妊娠中、出産、育児のあれこれをつづります。「口唇口蓋裂ちゃん、とってもかわいいよ!」って伝えたい! この記事が、口唇口蓋裂についての理解につながり、ひとりでも多くの親御さんの励みになりますように。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ
じぇにこ

ベビーカレンダーをご覧のみなさん、こんにちは! イラストレーターのじぇにこと申します。

 

長女くぴこ(5歳/口唇口蓋裂、川崎病で治療中)と、次女まぴこ(1歳)の姉妹のママをしております。

 

このたび、ベビーカレンダーにて口唇口蓋裂の長女の妊娠から出産、育児のあんなこと、こんなことを連載としてご紹介させていただくことになりました。よろしくお願いいたします!

 

第2話は、病気を告げられたときのお話です。


 

ひどい下腹部痛から始まり、何度も倒れて運ばれるほどひどかったつわり、メンタル面でのダメージなど、壮絶でとってもつらい妊婦生活でしたが、唯一の救いは定期的な妊婦健診でわが子の様子を見ることでした。


現在5歳になった長女は、おなかにいたころから元気で、超音波で見るたびにグルグルまわり、ピョンピョン足をばたつかせては元気な姿を見せてくれたので安心していました。

 

「口唇口蓋裂ちゃん、育ててます」1話

 

何も問題なくいつも通り、そう思っていた安定期に入ってすぐの健診の日。難しい顔をした先生たちからこんなことを言われました。

 

口唇口蓋裂ちゃん、育ててます_2-2

 

 

「口唇口蓋裂ちゃん、育ててます」1話_3

 

 

初めて聞く言葉に、夫婦2人で動揺したのを覚えてます。さらに詳しい説明に入ったときには思考が完全にストップしてました。

 


1986年生まれ愛知県在住。 2013年生まれの長女と2017年生まれの次女、二児の母。デザイン学校卒業後、社会人経験を経てお絵かき主婦へ。口唇口蓋裂や夫婦のこと、日々の育児で翻弄される様子を絵日記ブログで公開中!


  • うちは次女が口唇口蓋裂で産まれ(妊娠5ヶ月位に判明し、子供の手術の為に違う病院が良いですねと言われ、総合病院を3軒たらい回しに。結局は形成の技術が良い病院へと落ち着きましたが。)中1の今でも歯科で矯正やまだ形成へと通っています。
    1番下が川崎病にて、治療中です。まだ小さいので薬で眠らせてから心エコー等するので、起きてから薬が切れるまでが大変ですね。

    2018/08/25 13:42

この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
132

現在ログインしていません。

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。