医療 出産 産後 陣痛 無痛分娩・和痛分娩

無痛分娩の良さは痛みの軽減だけじゃない!?メリット・デメリットを解説

無痛分娩を予定している妊婦さんのイメージ

 

お産を経験したことのある人から話を聞いて、痛みに耐えることができるのか心配になり、痛みを少なくしてくれる「無痛分娩」に興味がある方も多いのではないでしょうか。今回は、「無痛分娩」のメリットやデメリット、費用などについてお話ししていきたいと思います。

 

続きを読む

無痛分娩とは

無痛分娩とは、麻酔の薬を使って陣痛の痛みを少なくするお産の方法です。

 

基本的には、お母さんの意識がある状態でおこなわれます。陣痛の痛みは少なくなりますが、おなかが張っていることはわかりますので、いきむことはお母さんがしていきます。

 

麻酔を使用してお産することには変わりないのですが、まったく痛みを取り除くわけではないということから、「和痛分娩」と表現している産院もあります。ただ、無痛分娩と和痛分娩の明確な違いについて定義されていないため、同義語として使われることが多くあります。

 

無痛分娩の麻酔の種類(硬膜外麻酔・静脈麻酔・陰部神経ブロック)

■硬膜外(こうまくがい)麻酔

背中に痛み止めの注射をしたあと、硬膜外腔という場所に細いチューブのカテーテルを入れて麻酔の薬を流していきます。その後の麻酔の薬を管理する方法は産院によって違います。

 

1つ目の管理方法は、シリンジポンプという器械を使い、決められた麻酔薬の量を持続的に流していく方法です。持続的に流していくことで常に麻酔薬が体の中に入っている状態になります。

 

2つ目は、PCEA(patient-controlled epidural analgesia)という器械を使って麻酔薬を管理するものです。痛みが強くなったときに、お母さん自身がボタンを押すと麻酔薬が自動的に投与されます。

 

■静脈麻酔

硬膜外麻酔は、出血しやすい人や、針を刺す部分が感染している、極度の脱水を起こしている場合は使うことができません。その場合、静脈麻酔が使われることがあり、点滴で麻酔薬を投与していきます。

 

■陰部神経ブロック

陰部神経ブロックは、子宮の入り口が全部開き、赤ちゃんの頭が徐々に下がってきたことを確認しておこなわれます。坐骨棘(ざこつきょく)という骨の後下側、腟壁の中にある神経に局所麻酔をしていきます。そうすると赤ちゃんが最後に通る場所の緊張が緩み、柔らかくなるといわれています。

 

硬膜外麻酔では、麻酔薬が胎盤を通過しないので赤ちゃんへの影響はないですが、静脈麻酔ですと胎盤を通って、赤ちゃんへ移行してしまいます。場合によって、生まれた赤ちゃんが「スリーピングベイビー(赤ちゃんに麻酔が効いてしまい、呼吸がうまくできなくなる)」と呼ばれる状態になりますが、薬の影響がなくなると元気になっていきます。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。