妊娠糖尿病と診断され…胎児の影響や産後の生活について助産師が答えます

カテゴリー│医療  相談  妊娠  病気・ケガ  助産師に相談 
2018/10/16 19:00
82

妊娠糖尿病のイメージ

 

「気軽に専門家に質問ができて、さらに返信も早い」とママから日々感謝の声が寄せられているベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の掲示板。その中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回は、妊娠糖尿病と診断され治療中のママからのご相談です。

 

続きを読む

Q. 妊娠糖尿病と診断され、胎児への影響や産後の生活が心配です

現在37週の初産婦です。子宮筋腫の手術歴があり、38週で帝王切開する予定になっています。

 

妊娠中期の血糖値検査で引っ掛かり、妊娠糖尿病と診断され、現在インスリン自己注射をおこなっています。出産まであと1週間になって出産後胎児に異常がでないか不安です。出産後胎児が低血糖になってしまったりする可能性はかなり高いのでしょうか?また、血糖値のコントロールが必要なら、授乳も難しいのでしょうか?
 

在本祐子助産師からの回答

妊娠糖尿病になり、インスリン自己注射などの治療をなさっているんですね。たしかに、妊娠糖尿病では、新生児に低血糖や赤ちゃんが大きくなるなどのトラブルを抱えることがありますが、そのトラブルを回避するために治療をしつつ妊娠生活を頑張っていらっしゃるということで、大変だと思いますし、不安も人一倍だと思います。産後の生活に対しても、漠然とした不安があって然るべきです。

 

今は産科医師や助産師、管理栄養士の話をよくお聞きいただき、安全にお産が終わるようにしていきましょう。血糖値のコントロールがよければ、赤ちゃんは元気に産まれてくれますし、産後の生活も他の方とほとんど変わりありません。

 

もし、コントロールが難しい場合でも、お産の時期や赤ちゃんの管理など、万全を尽くしてくれると思います。

 


※参考:ベビーカレンダー「助産師に相談」コーナー〈 https://baby-calendar.jp/talk/category/tree/10/0

 

※診断や具体的な治療については医師の指示にしたがってください

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)