授乳に悩むわたしを救ってくれたのは助産師さんでした!【ママの体験談】

2018/10/29 22:00
69
育児には悩みが尽きないもの。特に困るのが、授乳の悩み。赤ちゃんのお世話のメインとも言える授乳がうまくいかないと、ストレスや疲労は溜まる一方です。そんなとき、助産師さんに家に来てもらって相談すると、悩みは一気に軽減! 実際の体験談です。
カテゴリ│
制度・支援
中カテゴリ:
体験談
子育て支援
助成制度

悩む母親と赤ちゃん

 

「母乳はどれだけ出ているんだろう?」「飲みづらそうでむせっぱなし……」。そんな悩みを抱えていたのは、わが子が1歳になる少し前のこと。そのとき、家に来た助産師さんが私の悩みを見事に解決してくれたのです。ふっと心が軽くなり、その後の子育てがとても楽になった経験をお話しします。

 

どんな方法で助産師さんに診てもらう?

私の住んでいる地域では、産院の母乳外来などで診てもらう通院タイプと、行政から依頼を受けて家に来てくれる来訪タイプがありました。この制度は産後1カ月のころ、赤ちゃん訪問で保健師さんが訪ねてきたときに知りました。


費用は、母乳外来で1回3,500円。一方、助産師さんの来訪(※子ひとりにつき2回まで受けられる)は、助成のあった私の県では実費で交通費500円のみで済みました。

 

魔法のおっぱいマッサージ

授乳は「いろいろな角度で赤ちゃんに吸ってもらうのが一番」とよく聞きます。脇抱きと横抱きを交互に、たまに縦抱きであげていたものの、自身の授乳方法に今ひとつ自信が持てませんでした。


また、自分でするマッサージでは搾りとる部分が限られてしまい、おっぱいの張りがなかなか解消しません。しかし助産師さんのおっぱいマッサージは詰まっている乳腺から母乳を搾るため、終わったあとのおっぱいはふにゃっとやわらかくなりました。それはまるで魔法のようで、とても楽になりました。


ママの悩みを一つずつ解決

母乳がどれだけ出ているか心配でしたが、「射乳(しゃにゅう)しているし、おっぱいはたくさん出ているよ」と言われ、安心することができました。むせてしまうことに対しては「変なところに入らないようにする反射だから、むせたほうがいいの」と、誤嚥を防ぐための必要な反応であることを知りました。


ほかにも不安や想いをたくさん聞いてもらい、その都度アドバイスや寄り添いの言葉、体験談を話してもらえたのがうれしかったです。

 

 

納得できる助産師さんの技術、そしてママへの寄り添いと心のケアが骨身にしみました。ひとりで溜め込まずに、もっと早くに助けを求めるべきでした。母乳のことに限らず、育児には悩みが尽きないため、相談して本当によかったです。


著者:海老原しずく

二男の母。結婚を機に退職、地元の広島県を離れ石川県に移住。下の子を家で見ながら妊娠・出産・子育てに関する記事執筆やイラスト、web制作を中心に活動している。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
69

現在ログインしていません。

制度・支援の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。