「先生早く!」脱力系ゆる育児日記第217話

2018/10/31 18:00
44
イラストレーターやましたともこさんの脱力系ゆる育児日記 第217話。長女N子ちゃんのMRIの結果を聞きに行ったとき、先生がなかなか結果を話してくれず、困惑したそうです。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ
やましたともこ

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 


先日から描かせていただいてる長女N子の頭蓋骨膜洞のお話です。

 

人生初のMRIを無事に済まし、いよいよ結果を聞く日がやってきました。どきどき。

 

病室に入ると、先生が前の患者さんのカルテ的なものを片付けながら、「どうぞお座りください」と言い、え〜と誰やっけ? 何やっけ? ぐらいの感じでパソコンをカチャカチャっと触り始めました。そして、しばらくすると、あぁそうだ! MRIを受けた子か! と思いついた感じでMRIの診断結果の紙を探し、それを熟読し、首を傾げて言いました。

 

先生:「お母さん……」

 

先生:「……………………………………………………………………………………」

 

私:「何?(心の声)」

 

先生:「……………………………………………………………………………………」

 

私:「何やねん!(心の声)※高知の方は「何ながで!」と土佐弁でお読みください」

 

先生:「………………………CTもしましょか!」

 

育児日記(4コママンガ)

 

小さいわが子のMRIの結果を聞きに行ったときにあんまり溜めてほしくはないよね、正直。

 

先生いわく、MRIの画像を解析する人が所見を報告してくれてるけど、その前にやった全身レントゲンもMRIも先生とは見解がちがったので、もうちょっと詳しく骨を見たいとのことでした。

 

というわけで今度はCTに挑戦することになりました〜がんばれN子♡

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!

著者

イラストレーター やましたともこ

イラストレーター


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。

HP:「やましたともこのホームペー痔」


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
44

現在ログインしていません。

過去のお話はこちら

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。