医療 妊娠 出産 高齢出産

40代の妊娠が増加中?40代の妊娠におけるリスクやいいところは!?

40代の妊婦さんのイメージ

 

男女ともに、年齢を重ねるほど妊娠する力あるいは妊娠させる力が低下することが明らかになっています。近年、40代女性が妊娠することは珍しくないように感じますが、生理が続く間に、いつでも妊娠できるというわけではありません。今回は、40代での妊娠についてお話します。

 

続きを読む

40代女性の妊娠

我が国の人口動態統計によると、母親の年代別の出産数は、20代女性は減少傾向にあり、30~40代女性では増えています。そのなかでも、40代女性が出産する子どもの数は増えています。40代女性は第2子以降を出産するだけではなく、近年では40代に第1子を出産することも珍しいことではなくなりつつあります。(※1)

 

その一方で、人工中絶の割合は20歳未満と40代に多く、特に45~49才の中絶数は増加傾向にあり、子育てがひと段落した、あるいは避妊への意識が薄れた年齢層にも妊娠と中絶は起こり得ることがわかっています。(※2)


このことから、40代は妊娠できる確率は下がるものの、妊娠できるかどうかは個人差があるといえます。妊娠を希望するなら、まずは不妊の原因がないかをパートナーと一緒に検査して、原因がわかれば早めに治療を開始し、そして妊娠の準備をしましょう。妊娠を希望しないなら、きちんと避妊することが大切です。

 

40代の妊娠はハイリスク!?

生物学的に妊娠出産に適した年齢よりも遅めに妊娠や出産をする女性は増えていますが、さまざまなリスクを伴うと言われています。


母親の年齢が高いほど、自然に妊娠する可能性は低くなり、自然流産が起こる確率が高くなります。妊娠を希望して、高度生殖補助医療(体外受精や顕微授精など)を受けたとしても45歳を過ぎると妊娠する確率はほとんどありません。また、周産期死亡率(妊娠22週以降~生後1週間未満に赤ちゃんが亡くなる割合)や妊産婦死亡率(妊娠中から産後42日未満に母親が亡くなる割合)が高くなります。


そして、母親の年齢が35才を過ぎると、ダウン症など染色体異常をもつ子どもが生まれる頻度が上がります。妊娠中にも妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、前置胎盤などの合併症になる方が増加します。そのため、母親の年齢が高いほどハイリスクになるため、総合病院や大学病院など大きい医療機関で妊婦健診や出産をすることを医師から推奨されるケースが多いです。妊娠中の合併症や母親の持病の悪化などが起こりやすいため、結果的に帝王切開術による出産するケースが少なくありません。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。