食・レシピ コツ・ヒント 栄養 食育

離乳食インストラクターが推奨!離乳食に旬の食材を使うときのポイント

秋の食材

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。「秋」と言って思いつくことのひとつに、食いしん坊の私は「旬の食材」があります。「味覚の秋」と言われるこの季節だからこそ、旬の食材を離乳食に取り入れてみましょう!

 

続きを読む

旬の食材をおすすめする5つの理由

旬の食材のおすすめなポイントは5つあります。

 

1.おいしい

旬の食材は、味が濃くて香りやうまみが豊富です。

 

2.鮮度がいい

流通量や消費量が多いので、お店での回転がよく鮮度がいいといわれています。

 

3.価格が安い

たくさん収穫し、市場に多く出回るので旬の食材は安くて経済的です。

 

4.栄養価が高い

旬ではない時期にとれた食材よりも旬の野菜は栄養価が高いといわれています。たとえば、秋の魚サンマも旬の時期はDHAやEPAが多く含まれています。

 

5.季節感を楽しむことができる

近年、どの時期にもほとんどの野菜がスーパーに並んでいますが、果物はいちばん季節を感じられますよね。「わあ、もう柿が並んでる」なんて何気ない会話で日本の四季を感じるきっかけになります。

秋が旬の食材で離乳食を作るときに心がけるポイント

いも類(じゃがいも、里芋、さつまいもなど)

エネルギー源となる糖質を含んでいて、寒い冬への体づくりに役立つといわれているいも類。ほくほくとして食べやすいので、特にじゃがいもやさつまいもは5~6カ月ごろ(離乳食初期)から使えて重宝します。里芋は7~8カ月ごろ(離乳食中期)を目安に始めましょう。ぬめりで肌が赤くなったりかゆくなることもあるので、食べさせるときに気にかけてあげてくださいね。

 

きのこ類(えりんぎ、しいたけ、えのきなど)

きのこは、繊維があって、なかなか噛みちぎりにくく消化しにくい食材です。細かく刻んで食べやすくしてあげましょう。目安は9〜11カ月ごろ(離乳食後期)から。

 

かぶ

5~6カ月ごろ(離乳食初期)から使える旬のかぶは、味が染みやすく、よく煮込めばとろけるくらいやわらかくなります。皮の部分に繊維が多いので、分厚めに皮をむいてあげるといいですね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。