基礎体温を測って生活&体質改善!諦めずに続けた結果【体験談】

2019/02/13 23:00
1
なかなか妊娠せず、毎日基礎体温を測定してみるとジグザグのグラフ……。そこで、運動や食事を見直して改善すると、妊娠できた筆者。その方法や、体験談をご紹介しています。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
妊活
妊娠
体温・平熱

体温計

 

当時の私は、結婚したらすぐ妊娠すると思っていました。「今月こそ妊娠していますように」と毎月願っていましたが、1年経ってもなかなか妊娠しませんでした。そんな私が基礎体温を測り始めて自分の体と向き合い、体力づくりや冷え性の改善をしたら妊娠することができました。今回は、そのときの体験談をお伝えします。

 

理想のグラフは二相性……でも私はジグザグ

みなさんは、基礎体温の理想的なグラフをご存じですか? 基礎体温のサイトで調べると、理想的なグラフは高温相と低温相に分かれる二相性。しかし私が基礎体温を1カ月間測ってみたところ、機器本体に表示される基礎体温グラフはジグザグでした。


早く子どもが欲しいのに、このままで妊娠できるのだろうか? という不安はいつも頭の片隅にあり、何をしていても気分が晴れることはありませんでした。

 

3カ月間で体質改善

基礎体温がジグザグなので病院に行こうと考えましたが、先に「自分でできることをやってからにしよう!」と思いました。自分ができることは、まず体を温める、そして運動をして体力をつけることです。


それから毎日、体を温める効果のある根菜類を食べたり、生姜湯を飲んだり、下腹部を冷やさないように季節関係なく腹巻きを着けていました。そして体力をつけるために、自宅周辺や当時勤務していた会社周辺を20分間ほどウォーキングすることに。3カ月間実践した結果、基礎体温グラフが少しずつ高温期と低温期に分かれ始めました。


諦めずに続けた結果、待望の妊娠!

グラフが二相性になってきたことで、「これは良い兆候だ!」と思い、体を温めることと、体力づくりは諦めずに続け、4カ月目に突入。最低温日かなと思う日にタイミングを合わせて、夫婦仲良ししました。そしてその後すぐに高温相になり、妊娠の可能性が分かるまでの2週間がとても長く感じました。


その後2週間以上過ぎても高温相は続き、機器本体には「妊娠マーク」がついていました。飛び上がって喜びたい気持ちを抑えて検査薬を試した結果、陽性! 病院へ行き、胎嚢を確認して夫婦で大喜びしました。

 

 

基礎体温を測ることで、自分の体の状態を知ることはとても大事なことだと分かりました。基礎体温は子どもを産んだあとでも自分の体を知るバロメーターになるので、続けていこうと思っています。


著者:長谷川モリジ

8歳、4歳男子、1歳女子の3人子育て真っ最中。調剤薬局事務、秘書、ビジネス文書検定保有。夫の両親、祖父と8人暮らし。今は地元にコワーキングスペースを作る活動している。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。