お肉もパクパク食べる子に!好き嫌い克服法を離乳食のプロが教えます!

2018/12/22 23:00
16
この記事では、保育士であり、離乳食インストラクターの中田馨さんが、離乳食期のお肉の好き嫌い克服法をお話ししています。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
離乳食

大根そぼろの離乳食

 

こんにちは! 離乳食インストラクターの中田馨です。魚のように骨を気にせず調理することのできるお肉は、離乳食のお手軽食材ですね。でも「うちの子、お肉はすぐにベーッと出してしまうんですよ」というお話、よく聞きます。

 

私の2人の子どもも、お肉を食べてくれませんでした。心配なくらいに食欲旺盛の娘も、お肉はベーッと口から出すことが多かったですね。どうして食べてくれないのかな? ということも踏まえ、今回はお肉が苦手な赤ちゃんのママにアドバイスさせていただきます。

 

お肉はいつから食べられるの?

お肉とひと言で言ってもいろいろな種類がありますね。いつの時期からどのお肉が食べられるか、代表的なお肉でおさらいしてみましょう。

 

5~6カ月ごろ(離乳食初期)から……食べられません
7~8カ月ごろ(離乳食中期)から……鶏ささ身、鶏むね肉、鶏ひき肉
9~11カ月ごろ(離乳食後期)から……鶏レバー、牛赤身肉、豚赤身肉、牛ひき肉、豚ひき肉
1歳~1歳6カ月ごろ(離乳食完了期)から……合びき肉、鶏もも肉

 

 

お肉を選ぶときのポイント

スーパーにはいろいろなお肉が並んでいます。赤ちゃんの内臓は未熟ですので、脂肪分が負担になることもありますので、脂肪分が少ないものを選ぶといいですね。また、調理するときは、脂肪を取り除き、ミンチなどは湯通しすると安心して食べられます。

 

赤ちゃんが肉を嫌がる理由と対処方法

赤ちゃんはどうしてお肉を嫌がるのでしょうか? 私の保育所の子どもやわが子が嫌がった理由とそれに対しての対処方法をご紹介しますね。

 

パサパサする、口当たりが悪い

味は大丈夫なんだけど、パサパサしているからなんだか飲み込みにくい。この理由で食べてくれない赤ちゃんが多いのではないかと思います。こんな場合は、片栗粉などでとろみをつけてみるだけで変わってきます。また、豆腐やいも類と組み合わせて、なめらかさを足してもいいですね。

 

かたいのが苦手

赤ちゃんの咀嚼力はまだまだ未発達です。大人が食べられるものでも、かたくて噛み切れない場合もあります。ですので、小さく刻んだり、やわらかく調理することを心がけましょう。

 

脂肪が苦手

私の息子が今でもそうなのですが、脂肪が多いと気持ち悪くなってしまうこともあります。実は、これを知ったのは彼が話せるようになってから。「ボク、お肉の白いところ好きちゃうねん」というひと言に、「ああ! そうだったのか」と気付かされました。脂肪を取り除いてあげることは、内蔵を守るだけでなく食べやすくもしてくれるんですね。

 

著者

保育士 中田馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長


0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨“和の離乳食レシピ”blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)も発売中! BLOG:「中田馨“和の離乳食レシピ”blog



この記事にいいね!しよう

いいね!
16

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。