赤ちゃんが離乳食のときに口を開けない!離乳食のプロが対処法を教えます

2018/12/28 23:00
7
離乳食のときに、赤ちゃんがかたくなに口を開けてくれない。この記事では、そんなときの対処法を、保育士であり離乳食インストラクターの中田馨さんが紹介しています。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
離乳食
コツ・ヒント

離乳食を食べる赤ちゃん

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。生後5カ月が過ぎ、離乳食を開始し始めたけれど、赤ちゃんがかたくなに口を開けてくれない。そんなとき、ママはどうすればいいでしょうか? そのアプローチ方法をお話しします。

 

スプーンの見直しをしてみる

赤ちゃんが食べてくれない理由として、スプーンの使い方や種類に原因がある場合があります。

 

スプーンの存在を知ってもらう

これまで母乳やミルクで育ってきた赤ちゃんはスプーンの存在を知りません。なので、まずはスプーンの存在を知ってもらいましょう!

 

【スプーンを知ってもらう方法】

① スプーンで下唇をツンツンつついてみる

② 口が開いたら、離乳食を下唇にのせて、スプーンを引き出す

 

スプーンは口の中に押し込まないようにしましょう。

 

スプーンを替えてみる

もしかすると、今使っているスプーンの感触が嫌なのかもしれません。スプーンを木のスプーンに替えたら食べるようになったという話はよく聞きます。

 


離乳食を見直してみる

離乳食の形状を見直してみる

初期の離乳食の形は裏ごししたものを、お湯(だし)でのばし「トロトロ、ヨーグルト状」にします。もしかすると水分が少なくて、飲み込みにくいのかもしれません。

 

離乳食開始が少し早かったかも?

今から思うと私の息子がそうでした。運動の発達が全体的にゆっくりな息子でしたので、口の発達もゆっくりだったのかもしれません。それなのに「生後5カ月になったら絶対に開始しなければいけない!」と開始し、無理に進めようとしたので、息子は余計に食べない子になってしまいました。今から思うと、もう少し遅めに開始してもよかったなと思います。

 

思い切って休憩してみる

赤ちゃんは離乳食を始めたばかり。ちょっと立ち止まることもOKです。いったん離乳食を休憩して、数日後に再度チャレンジでもOKですよ。

 

 

赤ちゃんの成長発達は、その子その子で違います。お子さんの様子を観察し、いろいろとアプローチをしてみてくださいね!

 

著者

保育士 中田馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長


0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨“和の離乳食レシピ”blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)も発売中! BLOG:「中田馨“和の離乳食レシピ”blog



この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。