食・レシピ レシピ 離乳食 コツ・ヒント 食べていいものダメなもの

離乳食のプロが教えます!病気のときに食べさせたいもの・控えたいもの

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。赤ちゃんが体調を崩すことも多い冬の時期。病気になったとき、少し大きくなれば食べたいものを言ってくれるようになりますが、赤ちゃんのときはそうはいきません。今日は、赤ちゃんが病気のときに何を食べさせればいいのかをお話ししますね。

 

続きを読む

病気の赤ちゃんにはどんなレシピがいい?

【離乳食を用意するときのポイント2つ】

・胃にやさしい食材(消化がいい)

・口当たりがいい(なめらか)

 

たとえばレシピだと、おかゆ・うどん・スープ・おろしたりんごなど(月齢に合わせたもの)。もし、ママが病気だったら何が食べたいと感じますか? 私は、熱があってもわりと何でも食べられる人なのですが、それでもあっさりとしたおかゆ、雑炊、うどんなどが思い浮かびます。

 

きっと、赤ちゃんもそんな気分だと思います。おかゆやうどんはいつも以上にトロトロに煮込んだもの。スープもかぼちゃやじゃがいものポタージュのようなものだと食べやすいですね。

 

病気の赤ちゃんに控えたほうがいいもの

では、逆に控えたほうがいいものはあるのでしょうか? 下記のような食材や食べ物はなるべく食べないようにしましょう。

 

繊維の多いもの

特におなかの調子が悪いときは、繊維の多い野菜などは避けましょう。
 

魚や肉

魚や肉は、元気を出してほしくて食べさせたい食材ですが、脂身が多い、消化が悪い場合もあるので、病気のときは避けましょう。
 

冷たい飲み物

特におなかの調子が悪いときは、冷たい飲み物がおなかを刺激してしまうこともありますので、避けましょう。

私は体調が悪いときにヨーグルトが苦手でした。吐いてしまったことがあったんですね。このように、食べて気分が悪くなる食べ物もありますので、食べたあとは赤ちゃんの様子を観察することも大切です。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。