食・レシピ 食生活 マナー・しつけ 食べムラ

赤ちゃんに食べムラがあるときはどうすればいい? 対応策はコレ!

106
この記事では、離乳食インストラクターの中田 馨さんが赤ちゃんに食べムラがあるときの対応策についてお伝えしています。「楽しい食事の雰囲気づくりを演出する」「食事までにおなかをすかせるよう活動する」など、まずはできることを実践してみましょう。

離乳食を食べている赤ちゃん

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田 馨です。器に入れた離乳食を全部食べる日もあれば、まったく食べない日もある。好きなメニューと思って作っても、食べる日と食べない日がある。「どうしてこんなに食べムラがあるのだろう?」って思っちゃいますよね。

 

食べてくれるときは安心ですが、食べてくれなかったらやっぱり心配です。私は保育士として、母として赤ちゃんの食べムラは経験していますので、ママの心配な気持ちはよくわかります。赤ちゃんの食べムラへのママの対応策を考えていきたいと思います。

 

続きを読む

食べムラは発達段階の1つ

食べムラがあるということは、多かれ少なかれ、ほとんどの赤ちゃんにあることです。それも発達段階の1つ。「食べたいときと食べたくないときがある」ということを赤ちゃんが感じている。つまり、脳が発達しているということです。短期間で見ると食べないことはとっても心配ですが、長期的に見ると成長のしるしなのです。

 

赤ちゃんが食べることを嫌がるとき

離乳食を食べてくれるときはいいですが、食べてくれないときが心配です。赤ちゃんが食べてくれなときはどうすればいいのでしょうか?

 

赤ちゃんが食べることを嫌がるときは、無理強いしなくていいですよ。無理強いすると、離乳食に対してのイメージが悪くなることもあります。ママがニコニコしながら「あ〜ん」と食べさせ、頑張っても無理なら、今は食べたくないときだと思います。

 

赤ちゃんが口を真一文字に結んで食べてくれないとき、ベエーッと吐き出すときなどは、いったん離乳食を中断しましょう。30分後に再び与えると、食べ始めることもありますよ。

 

食べなかったあとの食事はどうしたらいいの?

離乳食を食べなかったときは、母乳や育児用ミルクを与えてください。母乳を与えたら落ち着いて、そのあとに食べ始めることもあります。離乳食後に授乳するのが理想ですが、ときには順序が逆になっても大丈夫です。

 

また、1歳を過ぎている赤ちゃんは、食事と食事の間に、おにぎりやおいもなど、ごはんの代わりになるものを与えるのもいいですね。このときの注意点は、次のごはんに影響しない時間と量を考えて与えることです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。