食・レシピ 離乳食 コツ・ヒント

基本のルールとだしを知れば離乳食作りがもっとラクになる!

40
赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなるコラムを絶賛連載中! この記事では、保育士の中田馨さんが「離乳食作りがラクにする方法」についてお話ししています。

離乳食のだし

 

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、保育士の中田さんからメッセージです。

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。「離乳食を毎日手作りするのは大変そう。でも市販の離乳食を頻繁には使いたくない」と思っているママもいるのではないかと思います。

 

離乳食本やインターネット、SNSなどできれいでかわいく彩り良く盛り付けている離乳食を見ると「ここまではできない!」と思いますよね。 でも、離乳食は簡単なルールさえ知っておけば、茹でてそのままで味付けはほとんどなし。料理が苦手な人でも、実は失敗しにくいものなんです。今日は、離乳食をカンタンに作る方法をお伝えします。

 

続きを読む

知っておきたい!離乳食の基本

離乳食を進めるうえで知っておきたい基本的なルールをまとめました。難しく考える必要はありません。まずはこれをチェックしましょう。

 

離乳食全体の基本

赤ちゃんは咀嚼(そしゃく)力、内臓機能などが大人に比べて未発達です。すべての食材に火を通す、やわらかく煮る(ゆでる)、小さく刻むようにしましょう。また、月齢によって食べられる食材が違います。繊維や脂肪などが少なく滑らかになりやすい食材からスタートし、徐々に繊維や脂肪のある食材に移行していきます。

 

5~6カ月ごろ(離乳食初期)の基本

1日1回食からスタート。離乳食を初めて1カ月ほど経過したら2回食へ。おかゆは最初は10倍つぶしかゆ。1カ月経過したら10倍かゆに。他の食材は裏ごしをする。すべての食材をヨーグルト状になめらかにする。

 

7~8カ月ごろ(離乳食中期)の基本

1日2回食。おかゆは7倍かゆ~5倍かゆ。他の食材は2、3mmのみじん切り。味つけはまだしなくても良い。

 

9~11カ月ごろ(離乳食後期)の基本

1日3回食。おかゆは5倍かゆ~軟飯。他の食材は5~7mmサイズに。味噌、醤油を使い始めても良いが量は1〜2滴。

 

1歳~1歳6カ月ごろ(離乳食完了期)の基本

1日3回食に加えて、おやつが1日1~2回。ごはんは軟飯~普通飯。他の食材は1cm角サイズに。調味料は9~11カ月ごろ(離乳食後期)と変わらずほんの少しだけにしましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。