骨や皮はとったほうがいい? 離乳食の魚の下処理や調理法を教えます!

この記事では、保育士・離乳食インストラクターの中田馨さんが、離乳食時期の魚の下処理や調理法について紹介しています。

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食に使う魚で手軽な魚といえば「しらす」。しらすを離乳食に使うときは、沸騰したお湯の中に入れて湯がき、塩分を抜くという下処理をしますが、ほかの魚はどうしたらいいのしょうか?

 

今日は、しらす以外の魚の調理方法のお話をしますね。

 

続きを読む

知っておきたい離乳食での魚の調理法

骨を取り除く

魚には骨がありますね。赤ちゃんは自分で骨を取り除くことができませんので、口に入れる前に骨を取ってあげましょう。

 

① 調理前に骨を取る

② 調理中、器に入れるときに骨を確認

③ 食べる前に骨を確認

 

私の保育所ではこのように3段階で確認するように心がけています。

 

皮を取る

赤ちゃんには食べづらいので、魚の皮も取りましょう。

 

骨が多い魚は離乳食に使わない

わかさぎやウナギなど、小さい骨が多くて取り除きにくい魚は、あえて離乳食に使わなくていいと思います。

 

臭み取り

臭みが気になる魚は、サッとお湯をかけるといいでしょう。また、1歳を過ぎていれば、ほんの少量塩を振り、キッチンペーパーで包むだけで臭みが取れます。蒸したり焼いたりすると、ほのかな塩味がして、そのまま味付けしなくても食べることができます。

 

血合いは避ける

血合いが気になる魚といえば、ブリでしょうか。血合いは栄養がありますが、臭みが少し気になります。赤ちゃんには、食べやすい部分を与えるようにしましょう。

 

 

魚は良質なたんぱく源。DHAやEPA、カルシウムなど、栄養が豊富です。ぜひ離乳食に魚を取り入れてみてくださいね。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    保育士中田馨
    一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長

    0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨 和の離乳食レシピ blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)も発売中!

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • 離乳食に関する記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    食・レシピの新着記事

  • PICKUP