ママだけでもラクにできる!冬のお風呂で赤ちゃんを湯冷めさせない方法

2019/02/19 20:00
29
赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなるコラムを絶賛連載中! この記事では、保育士の中田馨さんが、ママがラクにできる「冬のお風呂で赤ちゃんを湯冷めさせない方法」についてお話ししています。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
お風呂

お風呂上りの赤ちゃん

 

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、保育士の中田さんからメッセージです。

 

こんにちは、保育士の中田馨です。冬の赤ちゃんのお風呂で、ママが一番気にすることと言えば「赤ちゃんを湯冷めさせないようにしなければ!」ということではないでしょうか。ママと2人で入ったあと、お風呂で温まった赤ちゃんの体が冷えないように、手早く服を着せるのはなかなか大変なことです。

 

今日は、ママがラクに「お風呂上がりの赤ちゃんを湯冷めさせない方法」をお話します。

 

脱衣所や部屋をあらかじめ暖めておく

お風呂に入る前に、お風呂のあと赤ちゃんを着替えさせたり、しばらく過ごしたりする部屋をあらかじめ暖めておきましょう。エアコンはこまめに切るよりも、短い時間ならつけっぱなしのほうが節電になることがあります。

 

バスタオルで全身を包んで体の水分を取る

肌に水分がついていると、体が冷えてしまいます。お風呂から上がったら、まず赤ちゃんをバスタオルで包んで、手早く水分をとりましょう。そのためにも、赤ちゃんの全身が包めるくらい大判のタオルを用意しておくといいですね。

 

お着替えのセットを準備しておく

お風呂のあとに着るお着替えセットを、お風呂に入る前に準備しておきましょう。特に低月齢の赤ちゃんのお着替えセットは、肌着と上着の袖を重ねてセットしておくと、とってもラクです。服の上におむつも広げておくと、赤ちゃんをすぐ着替えさせることができます。

 

パパになるべく協力してもらう

パパが家にいるときは、なるべく協力しましょう。着替えをしてもらってもいいですし、お風呂に入ってもらってもいいですね。ママよりもスキンシップが少ないパパも多いと思うので「お風呂はパパと」というご家庭もよく聞きます。

 

ママも湯冷めしないようにしましょう

赤ちゃんのお世話をしていると、気づかないうちにママのほうが湯冷めしてしまいます。服をすぐに着ることはできないかもしれませんが、ママもバスタオルで体の水分をしっかり拭き取ってくださいね。私は、プールのときに使うゴム付きのバスタオルをはおったり、タオルの帽子をパパっとかぶったりしていました。赤ちゃんの湯冷めだけでなく、ママも湯冷めしないようにしましょう。

 

 

冬の赤ちゃんのお風呂は、下準備をしっかりすることがポイント。湯上がり後にママがスムーズにお世話ができる準備の方法を見つけてみましょう。そして、お風呂から上がって服を着替えたら、なるべく早めに布団に入りましょうね。

 

著者

保育士 中田馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長


0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨“和の離乳食レシピ”blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。BLOG:「中田馨“和の離乳食レシピ”blog


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
29

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。