制度・支援 子育て支援

ニュースでも話題になる児童相談所ってどんな場所?

児童相談所に電話するイメージ

 

ニュースで児童虐待について報じられると児童相談所の責任や行動に目が向けられますが、児童相談所の役割については知られていないことも少なくありません。今回は児童相談所と子育て支援センターについてお伝えします。

 

続きを読む

児童相談所は児童福祉の専門機関

児童相談所は各都道府県、政令指定都市、一部中核市が設置する18歳未満の子どもに関する専門機関です。相談に応じ必要な支援をおこなうため、児童相談員、児童福祉司、児童心理司など、専門の職員が配置され、必要に応じて調査や心理検査、医師による診察がおこなわれることもあります。
 

虐待児童の保護や相談も児童相談所の役割の一つですが、その他にも相談できる内容が複数あります。厚生労働省によると相談内容の分類は以下の5つに分類されます。

 

①養護相談
保護者がいない場合や病気である場合、事情があって家庭で育てることが難しい場合、虐待や放任の場合等の相談

 

②障害相談
身体の不自由や心身の発達が遅れていると思われる子どもに関する相談

 

③非行相談
乱暴な行動や家出・夜遊び等の非行傾向のある子どもに関する相談

 

④育成相談
落ち着きがない、他の子と関われない、不登校等の心配のある子どもに関する相談

 

⑤その他
子どもの一般的な健康管理に関する相談、里親になりたい人に関する相談

 

相談を希望される場合は、児童相談所の訪問または電話での相談が一般的です。相談についての費用は無料で、相談員には守秘義務があります。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。