赤ちゃんが2回食に進むタイミングが分からない…4つの目安はコレ!

2019/03/02 10:00
7
この記事では、保育士であり離乳食インストラクターの中田馨さんが離乳食の2回食に進むタイミングについてお話ししています。目安は、生後6カ月を過ぎた、離乳食開始1カ月が経過した、おかゆ・野菜をそれなりに食べている、離乳食開始時よりも食べる量が増えているの4つです。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
離乳食
コツ・ヒント
離乳食初期

離乳食を食べている赤ちゃんのイメージ

 

こんにちは。離乳食インストラクター中田 馨です。離乳食を開始してそろそろ1カ月。離乳食の本や育児雑誌を見ると「2回食に進めていきましょう」と書かれていますね。

 

でも、まだ離乳食をしっかり食べてくれていないし、「離乳食を2回食にするタイミングが分からない」というママもいると思います。そんなママへ、2回食に進むときの4つの目安をお話ししますね。

 

2回食に進むときの4つの目安

1.生後6カ月を過ぎた

月齢は分かりやすい目安ですね。生後5カ月から離乳食を開始したという赤ちゃんは、2回食に進めます。

 

2.離乳食開始1カ月が経過した

生後6カ月から離乳食を始めた場合は、1カ月たった生後7カ月ごろに2回食に進めます。このように、「離乳食をスタートしてから1カ月が経過した」ということもポイントの1つです。

 

3.おかゆ・野菜をそれなりに食べている

「それなりに」という言葉がポイントですね。赤ちゃんはその子によって食べる量が違います。離乳食本の目安量をしっかり食べる子もいれば、スプーン数さじの子もいます。その子にとってそれなりに量を食べていればOK。あなたのお子さんのペースに合わせてあげましょう。

 

4.離乳食開始時よりも食べる量が増えている

離乳食を開始したころよりも、離乳食を食べる量が少しでも増えていればOKです。

 

2回食に進めてもいい?【Q&A】

ママたちからよく寄せられる質問が以下の2つです。同じ疑問をお持ちのママは、ぜひ参考にしてくださいね。

 

Q:離乳食を始めて間もないけれど、パクパク食べてくれているので2回にしてもいいでしょうか?

A:離乳食開始から1カ月過ぎるまでは1回食が安心です。赤ちゃんの内臓はまだまだ未熟ですので、最初は無理せず、ゆっくり食べ進めていくことをおすすめします。

 

Q:離乳食開始から1カ月経過。全然食べてくれないけれど2回食にしてもOK?

A:ママが心配ならまだしばらく1回食でもOKです。実は私自身とっても慎重派だったので、わが子は2人とも離乳食を開始して2カ月経ってから2回食に進めました。

 

 

離乳食は「食べる練習期間」です。食べる量ももちろん大切ですが、赤ちゃんが楽しんで食事の時間を過ごせるように心がけていきましょう!

 

著者

保育士 中田馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長


0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨“和の離乳食レシピ”blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)も発売中! BLOG:「中田馨“和の離乳食レシピ”blog



この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。