食・レシピ 離乳食 食べていいものダメなもの

赤ちゃんはケーキをいつから食べられるの?1歳からのケーキレシピつき

1
61

ケーキのイメージ

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。誕生日、ひなまつり、端午の節句、クリスマスなど、行事ごとに登場する食べ物として「ケーキ」があります。ケーキを食べることは、子どもにとっても大人にとっても楽しい思い出のひとつです。

 

今回は、赤ちゃんがケーキを食べられるようになるのはいつからなのか? また、どんなケーキがおすすめかをお話しします。
 

続きを読む

大人と同じケーキが食べられるようになるのはいつ?

市販のケーキは大人用に作られた食べ物です。甘さが強く油分も多いので、内臓機能が未発達な離乳食期は不向きな食べ物になります。離乳食が終わると幼児食になりますが、急に食べられるようになるわけではありません。幼児食前半は控えるのが無難。胃腸が発達してくる3歳ごろを目安にチャレンジしても遅くないと思います。

 

市販のケーキを食べるときのポイント

子どもに市販のケーキを食べさせるときに気をつけるポイントです。

 

●子ども目線でケーキを選ぶ
まずは、子ども目線でケーキを選びましょう。ケーキに使われている食材が食べたことのあるものを選ぶことがまず1つ。そのうえで、甘さ控えめのケーキだといいですね。アルコールの強いケーキは避けましょう。

 

●少量だけ食べる
子どもが食べる量は、少量からスタートです。例えば、生クリームを少し取り除いてあげるなどの工夫をしてもいいと思います。

 

●ごくたまに食べる
市販のケーキを食べるのはごくたまに。お祝い事やお出かけのときなど、時別な日にしましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。