動画で簡単!磨き残しゼロ!意外と知らない虫歯を防ぐ「歯磨きの姿勢」

2019/03/16 20:30
53
赤ちゃんの乳歯は虫歯になりやすいもの。虫歯になると、将来の歯並びにも影響してくるので毎日の歯磨きが大切になってきます。ここでは小児歯科医の川越先生が、きちんと磨ける歯磨きの姿勢を教えてくれました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
病気・ケガ

 

赤ちゃんの歯を将来、虫歯から守るためには、毎日きちんと磨き残しのないように磨いてあげることが大切です。そこで原宿こども歯科の院長で小児歯科医の川越じゅん奈先生に虫歯から歯を守る磨き方を伺いました。

 

磨き残しを防ぐブラッシングの姿勢

1)赤ちゃんをママの膝の間に寝かせます。できればこの時に、すぐに歯磨きをするのではなく、寝転がった赤ちゃんとの目をみて微笑んで、しばらくその姿勢のまま一緒に遊んだりすると安心します。

 

2)赤ちゃんが寝返りをしようとしたり動こうとしたら、肩と腕をママの脚で抑えます。つかまり立ちができるようになっていたら、テーブルにつかまり立ちさせるか、ママの方を向かせて、ママの肩につかまり立ちをさせて、磨いてもOKです。

 

虫歯ゼロのためのポイント

基本はママの膝の前で寝転ばせて

基本の姿勢はママ膝の間に寝かせて磨きます。動いてしまう場合は立っちの姿勢でも構いませんが、口の中がしっかり見えにくいため、1週間に一度は寝かせて口の中を確認しましょう。

 

お風呂場のマット上がベスト

お風呂場のマットに寝かせて行うと、2歳過ぎてうがいの練習をするようになった時に汚されても気にせずにすみます。

 

 

口の中全体がしっかり見える姿勢であれば、毎回、無理に寝かせなくてもOKです。つかまり立ちができるようになったら、歯磨きDVDなどを流しながら「○○ちゃんも磨いているね、一緒だね」などと声をかけながら磨くとスムーズに磨かせてくれることもあります。ぜひ試してみてくださいね。また、ママは笑顔で、お昼寝前と夜寝る前、スキンシップの延長で 歯磨を楽しいひとときにしてあげましょう。歯磨き後には しっかり褒めてあげてくださいね。

 

監修者

医師 川越じゅん奈

原宿こども歯科院長


平成16年岩手医科大学卒業後、赤ちゃん子供歯科、こばやし歯科クリニック、あーす歯科勤務の後、平成27年に原宿こども歯科を開業。怖くない、また来たくなるような場所となることをモットーに、日々治療を行っている。院内は赤ちゃんの時からご家族で心の負担なく通えるよう幸せ感たっぷりな空間や仕掛け用意するなど、楽しめる歯医者を目指している。

 

■主な経歴

2004年 岩手医科大学歯学部卒業

2004年 赤ちゃん子供歯科勤務 草月流師範

2007年 こばやし歯科クリニック、あーす歯科勤務

2015年 原宿こども歯科開業

 

■所属学会(役職・認定医)など

顎咬合学会・アンチエイジング歯科学会認定医

小児歯科学会・老年歯科学会・抗加齢医学会・バイオレゾナンス学会会員

歯科医師臨床研修指導医 取得

 

■HP

原宿こども歯科


この記事にいいね!しよう

いいね!
53

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。