【無痛・吸引・帝王切開 etc…】さまざまな分娩方法と体験エピソード

2019/03/16 10:00
14
この記事では、経腟分娩や無痛分娩、吸引分娩などのさまざまな分娩方法と、実際に経験したママたちの体験エピソードを紹介しています。

新生児の足のイメージ

 

現在、病院・産院で対応している分娩方法(産み方)は自然なものから医療処置的なものまで数多くあり、出産に臨むにあたって各方法についての知識をしっかり得ておくと、心の準備もしやすくなります。また、現在通っている病院・産院では希望の方法に対応していないこともありますので、すべての産み方についてのメリット・デメリットを知っておくと何かと安心です。

 

それぞれの分娩方法について

現在、日本で数多く実施されている代表的な方法を紹介します。

 

経腟分娩

赤ちゃんがママの産道を通って生まれてくる出産方法です。陣痛中は入院室や陣痛室と呼ばれる部屋でお産が進むのを待ち、出産が近くなったら分娩室へ移動します。施設によっては、陣痛から産後の回復室まで一体となったLDRで過ごす場合もあります。お産の経過中、ソフロロジー法やラマーズ法などを併用することも多いです。

 

出産が近づくと大きな病院などでは、分娩台で仰向けになり、足を広げた状態で出産する仰臥位分娩が多く選択されますが、施設によってはママにとって楽な姿勢で出産するフリースタイル分娩を積極的に取り入れているところもあります。

 

無痛分娩

無痛分娩とは、麻酔を使って陣痛の痛みを少なくし、経腟分娩する方法です。麻酔を開始するタイミングは施設によって異なり、自然に陣痛が来るのを待つ場合と計画分娩になる場合があり、陣痛促進剤を併用することもあります。

 

無痛分娩は薬剤を使用した方法を指すことが多いですが、お産の際の痛みを完全に取り除くことができないということから、方法は同じでも「和通分娩」と呼んでいる施設もあります。また、広い意味での無痛分娩には、ソフロロジー分娩やラマーズ法、アクティブバースも含まれるという考え方もあります。

 

吸引分娩

吸引分娩は、出産時、異常事態が発生した際にママと赤ちゃんの生命を守るためにおこなわれる急速遂娩という処置のうちのひとつ。かんたんにいうと、吸引カップを赤ちゃんの頭に装着し、吸引圧をかけて赤ちゃんを引っ張り出すお産の方法です。子宮口が全開大したあと、吸引分娩が可能な位置まで赤ちゃんが下がってきているなどの条件が必要です。

 

鉗子分娩

鉗子で赤ちゃんの頭を挟んで、赤ちゃんを引っ張り出すお産の方法です。吸引分娩同様、異常事態が発生した際にママと赤ちゃんの生命を守るためにおこなわれる急速遂娩という処置のうちのひとつです。ただし、赤ちゃんが鉗子分娩が可能な位置まで下がってきていること、赤ちゃんが生存していることなどの条件があります。

 

帝王切開

帝王切開とは、なんらかの理由で経膣分娩が困難な場合に、子宮を切開して胎児を取り出す方法を指します。日本では5人に1人が帝王切開だといわれています。帝王切開には、あらかじめ日程を決めておこなう予定帝王切開と、お産の経過中に異常事態が発生し、ママと赤ちゃんの生命を守るためにおこなわれる緊急帝王切開があります。

 


監修者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

無痛分娩の体験談

「無痛分娩だったので、麻酔を入れた途端痛みがスッと引き、友だちに頼まれた赤富士と太陽の絵を描いた」

 

「無痛分娩で、赤ちゃんが下りるまで夫婦ともに居眠りしていた。気付いたら股に違和感があり、そこから慌てて助産師さんを呼んで出産となった」

 

「無痛分娩だったのですが、会陰切開のタイミングを知りたくなかったので知らせないでほしいとお願いしていました。当日、出産の終盤で助産師さんたちの「あ、それは言わないことになっている」という声が聞こえてしまい、すぐに会陰切開のことだとピンと来て、会陰切開のことで頭がいっぱいになってしまった。怖いから知らないうちに切ってほしかったのに、こんな形で知ることになるとは……」

 

「無痛分娩で、促進剤を打つ前に浣腸をされたがそれからずっとおなかがぐるぐるいって痛くて何度も何度も点滴を繋いだままトイレへ。出産前からまさかこんなつらい思いをするとは。無痛分娩だったし、今思えば出産よりつらい時間だったかも(笑)」

 

「無痛分娩で麻酔の切れたときが地獄」

 

「促進剤を2日間点滴しても子宮口が頑固で1cmから開かず、無痛分娩に切り替えて緊張をほぐす作戦に切り替えられたが背中にお肉がつきすぎて麻酔の針が打てなかった。結局上のほうに麻酔をして帝王切開になった」


アクティブバースの体験談

「フリースタイル分娩だったので、ベットで四つん這いになって出産したのですが、あまりの痛みにベット横の壁に体当たりを何度もしてしまって、壁に血をぶちまけた」

 

「フリースタイルで四つん這いになったものの足に力が入らず、ずっとプルプルしてた」

 

吸引分娩の体験談

「妊娠中もよく動いてたし、2人目だからすぐ生まれると思っていたけど、最後の診察のときにエコーで後ろを向いていた赤ちゃんが前を向いていて、その日の夜に陣痛が来て入院。明け方に生まれそうだったので分娩台へ。母に上の子を起こしてもらい、もうすぐと思っていたらなかなかお産が進まず。エコーで確認したら見えないはずの目が。回旋異常でお産が進まず、分娩台で4時間。最後は吸引とおなかを押されて上を向いたまま出産になり、生まれた瞬間、疲れから意識が飛びそうになりました。無事に生まれて本当によかったです。上の子もグズることもあまりなく、4時間応援してくれました。もし初産だったら帝王切開と言われました。心拍が下がらず、頑張ってくれたわが子に感謝です!」

 

「あまりに陣痛が痛くて吐き続け、脱水になり、点滴の針も入らず。結局は吸引分娩になったけど、そうなる前にいきむのを頑張りすぎて、会陰以外も裂けに裂けまくった。縫合にすごく時間がかかっているので先生に聞いたら、そういうことだった」

 

「先生が1人の助産師さんに少し冷たくて、それがずっと気になっていたんですが、いよいよってところで、赤ちゃんがなかなか出てこなく、吸引分娩でした。そのときに助産師さんがおなかを押してくれたんですが、先生がもっとちゃんと押せ! 押せって言ってるだろう! と怒鳴っていたので、私は痛みよりもそっちのほうが気になって、助産師さん頑張れ! と思っていたら生まれました(笑)。出産のときの痛みは? と思い出しても、その先生と助産師さんのやり取りが一番の思い出です(笑)」

 

帝王切開の体験談

「健診日に行くと破水していたらしいが陣痛が来ず、赤ちゃんの心音も下がっているため緊急帝王切開となり、診察に行ってから心の準備なく3時間ほどで出産となった」

 

「予定帝王切開だったのに、硬膜外麻酔が入らなくて、麻酔を入れるのに1時間以上何度も何度も痛み止めの注射して、麻酔の管を入れるのを繰り返した。入らないから、途中で姿勢を横向きから、座って体を丸める姿勢になり、それでも入らず、市立病院から麻酔医を派遣してもらうか、市立病院に緊急搬送してそっちで出産するかの判断を迫られた。手術室で骨盤のレントゲンを撮られ、硬膜外が人よりも深いところにあるのかもしれないって判断され、最後に太くて、長い針を奥の方まで入れたらようやく入った。帝王切開の手術で3時間半もかかった。赤ちゃんも、へその緒が首元に二重に巻き付いていて、緊急帝王切開になっていたら、母子ともに大変なことになっていた。私は、麻酔が効くまでの処置だったから、痛みも会話もすべて覚えているという、痛みが半端ない出産でした。結果オーライだったから、すべてレアな手術でした! と笑い話として話しています」

 

「無痛の麻酔に帝王切開の麻酔も続いたため、手術中に呼吸困難におそわれた」

 

「急な帝王切開に、自分は冷静だったのに、旦那さんが顔面蒼白になっていた」

 

「緊急帝王切開の手術中に、妊娠高血圧症候群による子癇発作が起きて全身麻酔に切り替わったらしく、気付いたらICUにいました。総合病院で出産したおかげで母子ともに助かりましたが、他院からの搬送だったらどちらか死亡してもおかしくない状況だったと、あとから聞いてぞっとしました」

 

「帝王切開で、旦那が立ち会いし、手術中にうわー痛くないん? すげぇーと声をかけてきて、大丈夫と笑って答えると、腹切られて笑っとるとか気持ち悪〜って笑われた」

 

「緊急帝王切開の手術中、先生と助手の方がおいしいラーメン屋さんの話をしていて、まったく緊張しない手術だった」

 

「帝王切開で、赤ちゃんが出てくる感覚はわかると聞いていたのに、なかなか手術が始まらないな〜と思っていたら生まれていた!」

 

体験談を読んでいてわかるように、事前に決めた方法でお産を始めても状況によって急遽別の方法に切り替わることがあります。あらかじめ各方法がどのようなものなのか、またそれに伴うリスクも理解しておけるといいですね。

 

 

◆関連動画 出産ドキュメンタリー

 

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
14

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。