3ヵ月・4ヵ月健診とは?健診の内容や場所、持ち物や費用について

3

3カ月健診イメージ

 

3~4カ月健診は、赤ちゃんの発育や健康状態の確認のために行われます。発育、栄養状態、先天的な病気の早期発見・予防接種の説明など、ママへのアドバイスも行っています。生後3~4カ月は育児に慣れてきたと感じても、赤ちゃんのちょっとした変化、ちゃんと成長しているか心配になることもあるでしょう。ママの不安や子育てについての悩みなど、3~4カ月健診で個別相談を行っています。その健診の内容とは、場所、持ち物、費用などについてご紹介します。

 

 

3~4ヵ月健診とは?生後3~4ヵ月の赤ちゃんの特徴

3~4ヵ月健診は初めての集団健診で、赤ちゃんの成長や発育、病気にかかっていないか、健康状態を確認するために行われます。医師、歯科医師、保健師、助産師、栄養士などの多職種に相談することができ、自治体の子育て支援機関に相談できる機会でもあります。そして、地域の子育て情報なども知ることができ、他の赤ちゃんとの交流へつながります。
3カ月健診か4カ月健診かは自治体によって違うため、まずはお住いの自治体の健診スケジュールを確認してください。

 

発育の目安として生後3~4ヵ月頃の赤ちゃんの特徴を把握していると、相談しやすいメリットがありますので、生後3~4ヵ月頃の赤ちゃんの特徴についてご紹介します。
 

生後3カ月児の特徴

母子手帳に身長・体重の発育の目安として、厚生労働省が発表する発育曲線が記載されています。男児の身長は57.5~66.1cm、女児の身長は56~64.5cmです。男児の体重は5.12~8.07kg、女児の体重は4.84~7.53kgです。赤ちゃんの成長には出生時の身長体重など個人差がありますので優しく見守りながら、健診の時や小児科に相談することをおすすめします。

 

生後3~4ヵ月までの赤ちゃんは驚くほど成長が早く、体重は生まれた時の赤ちゃんの体重の2倍までに成長。頬、腕、足に皮下脂肪がついた体形へ変化します。

首がすわりはじめるため、縦抱っこやおんぶも可能になります。生後5カ月を過ぎた頃から首がすわる赤ちゃんもいるため、首の状態を観察してください。首すわりの判断として、赤ちゃんは仰向けに寝かせて両手を持って引き起こすと首が遅れないでついてくるか観察します。親御さんが判断できない場合は健診の際に相談することをおすすめします。また、原子反射(モロー反射で大きな音を立てると両手を広げて抱きつく動作)が消える時期です。

あやすと声を出して笑うようになり、動くものを目で追い始めます。また、握力が強くなりガラガラを握ることができます。見えないほうから声かけすると反応するようになります。

 

 

3~4ヵ月健診の内容や場所、持ち物、服装

健診の流れがスムーズに進むために、3~4ヵ月健診の内容、場所、持ち物、服装についてご紹介します。

 

医師の診察で首すわりの確認でうつぶせになるため、診察前の30分前は授乳は控えたほうがよいです。

3~4ヵ月健診はママの健診はありませんが、体調に変化があるママは個別に相談を行っています。

 

3~4ヵ月健診の内容

身体測定(体重、身長、頭囲、胸囲)、成長・発達のチェック、全身の診察を行います。また、栄養状態や母子の生活環境のチェック、育児相談を行っています。3~4ヵ月児健康診査問診票がありますので、事前に記入しましょう。

 

診察として心臓や肺を聴診して雑音をチェック。あやすと笑うか、目でものを追う追視テスト、眼球の異常運動のチェック、音への反応、先天性股関節脱臼・白蓋形成不全・停留睾丸の有無などの身体的診察が行われます。

3~4ヵ月健診では首すわりの状態を確認。赤ちゃんを仰向けに寝かせて両手を持って引き起こした時に首がついてくるか、うつぶせにした時に頭を持ち上げられるかを観察して、首が座っているか判断します。

 

3~4ヵ月健診は、小児科医、保健師、助産師、栄養士などの各専門家に相談することができます。育児に関する不安や疑問、授乳育児の状況やミルクの回数などの相談、予防接種の時期、ママの抑うつ気分があればママの体調についての相談もおすすめです。母乳指導も行っていますので、ママの母乳トラブルなどの確認があり、赤ちゃんの体重が増えないなどの心配事があれば、親身に相談にのってくれます。母乳回数や間隔、ミルクの量などのメモを持参すると判断材料になります。

 

3~4ヵ月健診で体重の増加が少ない、首のすわりが遅い、反射や反応が鈍い、消失すべき原子反射が残っているなど、発達の異常がある場合は再検査になるようです。
 

3~4カ月健診の場所

3~4ヵ月健診は乳幼児健康診査で自治体で行われます。

実施時期が近付いたら自治体から受診票やお知らせが届きます。実施日や場所が記載されており、保健センターで行われることが多いようです。自治体によっては小児科で健診を受ける場合があります。

 

持ち物

・母子手帳、育児日記帳
・3~4ヵ月児健康診査問診票
・ママと赤ちゃんの健康保険証
・健診の受診票など
・おむつセット(オムツ2~3枚、おしりふき)
・赤ちゃんの着替え(肌着、カバーオール)
・バスタオル又はおくるみ
・授乳ケープ
・ミルクセット(粉ミルク、哺乳瓶、お湯)
・ガーゼ
・スタイ
・おもちゃ
・ビニール袋

メモなどの筆記用具

 

服装

赤ちゃんは身体測定や診察があるため、着脱しやすい前開きのカバーオールなどがおすすめです。そして、肌着も前開きが便利です。ママの服装のおすすめは、授乳しやすい前開きのワンピースや前開きのシャツなどの授乳服ですが、授乳や母乳トラブル相談などがスムーズに行えます。

 

 

3~4ヵ月健診の費用

3~4ヵ月健診は国が各自治体に義務付けしている健診のため、どの自治体でも健診費用は無料です。自治体の健診に行けなかった場合、個人的に小児科で健診を受けると自己負担になることがあるため、各自治体に確認してください。

 

 

まとめ

育児に慣れてきたとはいえ、生後3~4カ月の赤ちゃんの世話で、まだまだ慌ただしい日々でしょう。生後3~4カ月の赤ちゃんは首がすわり始めるため、行動範囲が広くなり赤ちゃんとの遊びが楽しくなってきます。また、集団健診は他の赤ちゃんやママと知り合ういいきっかけにもなります。
赤ちゃんの成長はあっというまに過ぎていきますので、成長過程を把握し、気になることがあれば健診の時に専門家に相談してください。

 


監修者:看護師 ゆみかおる

総合病院附属看護専門学校卒業後、総合病院小児科、保育園看護師として勤務、現在はフリーランスとして看護師として働きながら看護系の記事執筆・監修を行っている。

 

 

2018/01/29


この記事にいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。