2回食はいつから?開始の目安になるサインや乗り切るコツ

1

2回食イメージ

 

1日1回の離乳食が順調に進んだら、食事の回数を1日2回に増やしていきます。ただ、「2回食にするタイミングは何を目安にしたらよいのかがわからない」という人も多いのではないでしょうか。そこで、離乳食を2回食に進める時期やタイミング、与える食事量などについて詳しくご紹介します。また、2回食をうまく乗り切るコツも一緒に見ていきましょう。

 

 

2回食を始める時期

母乳やミルクがメインだった赤ちゃんも、生後5~6か月頃には成長や発達に必要な栄養を補うために離乳食(1回食)をスタートします。

1回食は食べ物に慣れさせ、ゴックン(飲み込み)が上手にできるようになることが大きな目標です。次の段階となる2回食は食事のリズムつけていき、舌と上あごで食物をつぶしてモグモグ(噛む)とゴックンができるようになることを目指します。

 

離乳食の1回食を始める時期としては、赤ちゃんの首がしっかりして、支えてあげれば座れる状態になっていることがひとつの目安です。また、家族が食べていると赤ちゃんが食べたそうに見ているなど食べ物に興味を示し、口にスプーンを入れたときに舌で押し出して嫌がることが少なくなったなどのサインも目安となります。

2回食は、1日1回の離乳食開始から1~2か月ほど経過した生後7~8か月くらいに始めるのがよいとされています。

ただ、離乳食の進め方は個人差が大きいため、赤ちゃんの様子やサインを観察しながらお子さんのペースを尊重して進めることが大切です。食事量が少ないと心配になるかもしれませんが、身長と体重が母子健康手帳などに記載された「乳児身体発育曲線」の範囲内であれば心配し過ぎず、ゆったりした気持ちで離乳食を進めていきましょう。

 

2回食を始めるときは、次のような点を目安にしてください。

 

1.離乳食をスターとしてから1か月以上経過している
2.一定の量を食べられるようになった
3.スプーンでの食事に慣れてきた
4.ゴックンが上手にできるようになった
5.すりつぶした野菜などをモグモグできるようになった

 

あくまで目安ですが、以上の5つができるようになったら1回食から2回食へステップアップしていきましょう。サインが見られない状態で無理に2回食へ進めると、赤ちゃんが食べにくさを感じてしまう可能性があります。目安となる時期に2回食を開始できないとしても焦らず、赤ちゃんの様子を見守るようにしましょう。

 

 

2回食の食事量の目安

1回食では、さまざまな食材を1回与えるだけでした。しかし、2回食では食事のリズムを念頭に置きつつ、栄養バランスといろいろな食品の味や舌ざわりを楽しめるように食品の種類を少しずつ増やしていきましょう。

 

<1回あたりの食事量の目安>
厚生労働省によると、2回食の1回あたりの食事量は次の通りです。

 

〇主食
穀類(全がゆ)50~80g

 

〇副菜
野菜や果物 20~30g

 

〇その他(いずれか1品)
魚 10~15g
肉 10~15g
豆腐 30~40g
卵 卵黄1個~全卵1/3個
乳製品 50~70g

 

1回あたりの食事量は、赤ちゃんの発育状況によって調節してかまいません。特に、2回食を始めたばかりのころは目安となる量を食べ切るのは難しいことも多いです。まずは、食事の回数を増やすことを目標に、1回食の1/3程度の量を2回与え、慣れてきたら目安の量へと増やしていくとよいでしょう。

 

<調理形態>
2回食は舌ざわりを楽しめるくらいの固さで、モグモグを意識した固さが理想とされています。赤ちゃんが舌で簡単につぶせるように、ママの指で軽くつぶせる豆腐くらいの固さが目安です。ただし、2回食の中でも段階をつくり、初期はドロドロ状のものを食べさせ、2回食に慣れてきたら豆腐くらいの固さにするとよいでしょう。

 

〇おかゆ
2回食の時期は、全がゆ~半つぶしくらいの固さがよいでしょう。

〇野菜
あらつぶしや粗みじん、葉もの野菜の場合はやわらかい葉を一度ゆで、包丁などでたたくように細かく刻みます。スプーンを傾けたときに、ポロポロと絶え間なく落ちくらいの固さが目安です。

〇その他
魚はほぐします。また、飲み込みにくい葉もの野菜や魚、肉などは、とろみをつけてあげると食べやすくなります。

 

 

2回食の食事のタイミング

2回食は、食事のリズムをつけることも大きな目標のひとつです。

そのため、できる限り決まった時間にあげてください。4時間程度の間隔を空けて、午前と午後に1回ずつ食べさせるのが理想です。次のようなタイムスケジュールを目安にするとよいでしょう。

例)

・ 6時:授乳(母乳やミルク)
・10時:離乳食1回目 + 授乳(母乳やミルク)
・14時:離乳食2回目 + 授乳(母乳やミルク)
・18時:授乳(母乳やミルク)
・22時:授乳(母乳やミルク)

 

離乳食が2回食になっても、生後7~8か月頃の赤ちゃんの栄養源は母乳やミルクが全体の約70%、離乳食が30%程度といわれています。離乳食の回数が増えても、まだまだ赤ちゃんの主な栄養源は母乳やミルクなので離乳食の後には授乳もしてください。

母乳は欲しがるだけ飲ませ、ミルクの場合は1日量が700~900mlくらいになるように調節して与えるとよいでしょう。

 

 

2回食の食べさせ方のコツ

赤ちゃんの成長において離乳食のステップアップは大事な過程です。しかし、1回食から2回食になると食事回数が増える分、ママの大変さも増えるでしょう。ママの負担感を軽減するためには、ちょっとした工夫が役立つこともあります。自分の行いやすい方法を探してみましょう。

 

〇離乳食づくり
離乳食を毎回、作るのは大変です。赤ちゃんが寝ているときなどにまとめて作り、1回分ずつ小分けにして冷凍しておくとよいでしょう。冷凍しておくことで時短も可能です。

また、家族の料理を利用すれば、わざわざ離乳食を作る手間を省くことができ、献立のバリエーションも広がるのでおすすめです。ただし、味付けはうす味を心がけ、煮干しやカツオ、昆布などの出汁を使って素材の味なども上手に活かしましょう。

 

〇食卓づくり
赤ちゃんもママも楽しい食卓になるように、かわいい食器を使ったり、赤ちゃんにやさしく話しかけたりしながら進めるのもポイントです。また、赤ちゃんは、お母さんが口をモグモグ動かすと、お母さんをマネしてモグモグさせます。ママがモグモグの動きを見せたり、笑顔で「モグモグするとおいしいね」など声をかけたりすると一層、楽しい食事になるでしょう。

 

〇講座に参加する
「離乳食講座」や「2回食の講座」などを市区町村が行っている地域もあります。講座では同じような年齢の子どもを持つ親と交流しながら、専門家を交えて離乳食のすすめ方や作り方を学べたり、実際に作ったりできるケースが多いです。

講座に参加すると必要な知識を得られるだけでなく、「他の人も同じような悩みを持っていることがわかり、気持ちが楽になった」などの声も聞かれます。市区町村などの講座を利用することも、2回食をうまく乗り切るコツのひとつといえるでしょう。

 

 

まとめ

2回食を始めるのは離乳食の1回食が順調に進み、1~2か月経過した生後7~8か月ごろが目安です。しかし、1回食から2回食へと食事の回数を増やすタイミングは個人差があります。赤ちゃんの様子をよく観察し、2回食のサインが確認できるようになったら2回食に進めていきましょう。目安となる食事量を念頭に置きつつ、まずは回数を増やして食事のリズムをつけてあげましょう。

 

3回食へ続く途中の2回食は、赤ちゃんに「食事が楽しい」と思ってもらうことも大事です。そうはいっても、「2回食が思うように進まない」ということもあるでしょう。そのようなときは1人で悩まず、かかりつけの病院や地域の行政機関、保健師などに相談してみてください。

 

心配事を聴いてもらったり、アドバイスをもらったりすると気持ちが楽になり、解決法が見つかることもあります。2回の離乳食タイムが赤ちゃんや家族にとって素敵な時間になるように、赤ちゃんのペースを尊重しながらゆったりとした気持ちで進めていきましょう。


参考:

厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」離乳食の進め方の目安<http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/03/dl/s0314-10_21.pdf>

3回食はいつから始める?量や硬さは? │ ベビーカレンダー<https://baby-calendar.jp/knowledge/common/895>

 


監修者:助産師・心理士 Miyumi

国立医療短大助産専攻科を卒業し、大学病院の周産母子部や助産専攻科の助手として働いた後、母性心理を学ぶために大学院で心理学を専攻。大学院修了後は、主に国立大学で精神看護の講師として教育に携わり、妊産褥婦の心理や家族支援などをテーマに研究をしていました。現在はこころとからだの健康相談室を開業し、社会保険労務士の資格も活かして育児と仕事の両立支援なども行っています。

 

 

 

 

◆2回食に関するQ&A

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

2018/03/29


この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。