離乳食中期(7カ月~8カ月)の食事の量の目安や食材、レシピ、進め方のポイント

61

監修者・著者

助産師 REIKO


医療短期大学専攻科(助産学専攻)卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

離乳食中期(7カ月~8カ月ごろ)イメージ

 

離乳食もじょじょに進み、ママも離乳食づくりに慣れてきたころでしょうか。赤ちゃんが滑らかにすりつぶした離乳食をじょうずにごっくんとのみこめるようになったら、次の段階に進んでみましょう。離乳食中期は、舌で押しつぶせるかたさのものが食べられるようになるための練習の時期です。もぐもぐと口を動かし、食べることから「もぐもぐ期」ともいわれます。今回は、離乳食中期の進め方や注意点をお話しします。

 

 

離乳食中期って?

一般的に、離乳食中期のメニューに移行する目安は、赤ちゃんが生後7、8カ月ころです。とはいえ、赤ちゃんが生後7、8カ月に入ったからといって、必ず離乳食中期のメニューに移行しなければいけないということではありません。

 

離乳食中期に移行する目安として、


●離乳食をはじめて2カ月が経過し、赤ちゃんが2回食にも慣れてきた
●スプーンを赤ちゃんに近づけると、自分であーんと口を開け、口を閉じて離乳食を飲み込むことができる
●離乳食初期に比べて、食べる量が増えた(目安は、赤ちゃん用の茶碗1/4杯ほど)

 

などがあげられます。
 

 

 

↑目次に戻る

 

 

離乳食中期の進め方

離乳食中期に入ると、食材の形態が裏ごしからみじん切りに、おかゆも10倍がゆから7倍がゆに変化していきます。

 

ですが、昨日まで裏ごしした離乳食を食べていた赤ちゃんに、いきなりみじん切りのメニューや7倍がゆなどを与えたら、赤ちゃんも戸惑ってしまうでしょう。今まで、順調に離乳食を食べていたのに、離乳食中期のメニューに変えたとたん、食べなくなってしまった……ということも。ですので、裏ごしから急にみじん切りに変えるのではなく、裏ごしした食材にみじん切りの食材をすこしづつプラスして、最後はみじん切りの食材だけになるよう、おかゆも10倍がゆから9倍、8倍、7倍とじょじょに進めていくと、赤ちゃんも戸惑わなくてすむのではないかと思います。

 

離乳食中期になると、食べることが当たり前になってくる時期でもあります。なるべく、毎日同じ時間に離乳食をあげるようにしましょう。
 

 

 

↑目次に戻る

2019/01/22

この記事にいいね!しよう

いいね!
61

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。